印刷版   

中国の第3世代戦闘機J-10 (China Photos/Getty Images)

60周年閲兵式訓練中、主力戦闘機 三機墜落か=中国

 【大紀元日本11月7日】中国軍関係者の話として、先月北京で行われた中共政権樹立60周年記念の「大閲兵」で披露された中国空軍の主力戦闘機3機が、パレードの訓練中に墜落し、パイロット2名が死亡、1名は脱出に成功したという。海外中国語ニュースサイト「阿波羅ネット」(http://www.aboluowang.com/)が伝えた。

 「阿波羅ネット」が軍部の情報筋の話を引用して伝えたところによると、墜落したのは、「J-10(殲撃10型)」の主力戦闘機3機。場所は河北省三河県と天津市の境目。墜落した時間について、同情報筋は説明していないが、中国政府報道機関の「J-10」に関する報道から推測すると、8月か9月の間だった。

 J-10は今後10年間、中国空軍の主力戦闘機として位置付けられ、性能は世界レベルの第三世代戦闘機であると謳っている。中国の政府報道機関は、「J-10が墜落することはありえない」と報じている。国営通信「新華社」3月27日付の報道では、J-10はエンジンが停止した状態で緊急着陸に成功したと報じ、J-10の性能をアピールした。

 一方、中国国内では、同墜落事件が報じられていない。軍機の墜落事件はいつも極秘に扱われているが、稀に海外で公表されるケースや、軍内部の派閥争いから故意にリークされるケースもあるという。

(翻訳編集・楊J)


 (09/11/07 06:49)  





■関連文章
  • 【フォトニュース】中共に向けて大規模なデモ 人権と民主の改善を求めて=香港(09/10/02)
  • 60周年パレード参加者、新型インフル予防接種で体調不良=中国(09/09/27)
  • 政権樹立60周年軍事パレード予行演習、北京市中心部を戦車が走行=中国(09/09/13)
  • 多難の中国共産党政権大閲兵(09/03/31)
  • 空軍戦闘機墜落、生存者不明=中国重慶(09/01/11)
  • 中国内モンゴル自治区、戦闘機2機が墜落(08/06/27)
  • 米国:中国長期軍事意図の透明化を求める(07/08/25)
  • 中国軍戦闘機、民家に墜落、住民2人死亡=中国福建省(07/08/19)
  • 中国人エンジニア、産業スパイを認める=米国(07/08/04)
  • 中国解放空軍、国産新型戦闘機「F-10」を新装備(07/01/13)
  • 中国広東省:軍用機墜落事故発生、操縦士負傷(07/01/12)
  • 台湾空軍、次期主力戦闘機に米国製「JSF」を照準(06/01/26)
  • 米国ワシントン当局筋、北京当局の『真珠戦略』に懸念(05/12/12)