欧州議会副議長、脱党運動を支持

2005年07月15日 11時01分
 【大紀元日本7月15日】欧州議会副議長エドワード・マクミラン・スコット氏が7月8日、中国共産党・脱退世界センターのヨーロッパ支部に手紙を送り、脱党運動への支持を表明した。

 スコット氏は手紙の中で、「中国は現在、巨大な変化を経験しています。『九評共産党』が中国で広く伝播することにより、この偉大な国の民衆は中国共産党独裁の本質を見分けることができました」と「九評」に賛美を送った。

 スコット氏はまた手紙の中で、脱党運動への支持を次のように表明した。「過去7ヶ月間で既に280万人の中国民衆が共産党を見捨て、その数字は更に増えています。最近オーストラリア、カナダ、ベルギーで起きた中国官僚の亡命とスパイの離反事件は、中国民衆の自由と民主を求める決意の表れです。私は心からこの活動を支援します。中国における基本的人権と正義への奮闘は、このような努力を通して実践できるのです」。
関連キーワード

関連特集

^