印刷版   

パレード参加者=NYで(大紀元)

【ニューヨーク通信】セント・パトリックス・デー・パレード

 【大紀元日本3月20日】3月17日、アイルランド人の記念行事であるセント・パトリックス・デーのパレードが、春の到来を思わせる穏やかな気候のもと、ニューヨーク(NY)の五番街で行われました。

 
パレード参加者=NYで(大紀元)

このパレードは、イギリスの軍隊とともに兵役に従事していたアイリッシュの兵隊が、1762年3月17日にNYの町を行進したのが始まりで、今ではシドニーや東京など、世界の主な大都市でも祝われるようになりました。

 今年のNYのパレードには、ブルームバーグ市長をはじめ、グリーンの色を身につけた15万人以上の人たちが参加したそうです。アイルランド出身の人に限らず、グリーンの色をまとえば、自分たちもアイルランド人になった気持ちで、そこに居合わせた人たちと一緒に祝います。

 
パレード参加者=NYで(大紀元)

人並みを避けながらようやく歩いていた無関係な私に向かって、「セント・パトリックス・デーに私と抱き合って一緒に祝いませんか?」とある女性に言われ、本当に抱き合った私でした。皆お祭り気分で、この時ばかりは警察も、昼間のお酒(おもにビール)にお咎めなし。(普段は公衆の前での飲酒は禁じられています。)

 このパレードは本当に、NYに住む人たちが「長く厳しかった冬が終わり春の到来を感じ喜び合う」とても大切な恒例の行事です。人種とかはあまり関係なく、このパレードは自分たちのお祭りという意識が強いように感じられました。

 
(NY=記者・山崎)


 (06/03/20 17:37)  





■関連文章
  • ニューヨーク、2006年秋冬コレクション最前線(06/02/07)
  • 全世界華人新年祝賀祭、ニューヨークで盛大に開催(06/01/23)
  • 中共巡回公演「同一首歌」:迫害の事実を知り、出演者ら参加を辞退(06/01/23)
  • 中共当局、国家機密漏洩罪でNYタイムズ紙の中国人スタッフを起訴(05/12/27)
  • 汕尾虐殺事件:海外メディアが注目、事件の発生を初めて認める中共当局(05/12/11)
  • ウクライナ人団体、NYT紙にデュランティー氏のピューリツァ賞受賞取消を要求(05/11/25)
  • 胡主席、ニューヨーク到着、多数の抗議者(05/09/15)
  • ニューヨーク・タイムズ記者に収監命令、 米報道界騒然(05/07/10)
  • 中国科学院副書記、米裁判所で有罪(05/06/05)
  • 全世界華人新年の夕べ NY特別講演は満席、政治要人らが鑑賞(05/02/09)