ブッシュ大統領、米陸軍士官学校卒業式で、反テロ戦争収束の決意表明

2006年05月30日 10時06分
 【大紀元日本5月30日】ブッシュ大統領は27日、米陸軍士官学校(ウエスト・ポイント)の卒業式での演説の中、自分の任期内で開始したテロとの戦いが今期卒業生の現役中に収束させる決意を表明した。

 VOAによると、ブッシュ大統領は、卒業する陸軍士官候補生に、米国が現在進めている「テロとの戦い」は、過去の戦争形態とは異なると述べた。大統領は、アフガニスタンおよびイラクは共に民主国家になり、米国の盟友にもなったため、世界はより安全になったことを強調した。

 大統領は、従軍に志願した861人の卒業生に対して表彰を行った。ウェスト・ポイント仕官学校の第2006年度の卒業生は2001年9・11のテロ攻撃が発生後に入校した最初の卒業生であ
(Getty Images)


(Getty Images)

る。

関連キーワード
^