印刷版   

東京株式市場・寄り付き=反発、米国株高を好感

 寄り付きの東京株式市場は反発。日経平均は、米国株式市場やシカゴ日経平均先物が反発した地合いを引き継ぎ、堅調に寄り付いた。その後は、小動きに推移している。7日に米雇用統計の発表を控えており、北朝鮮情勢についても不透明感が強いことから様子見ムードが強いという。

 寄り前の外資系証券経由の注文状況は、差し引き720万株の売り越し観測だった。 

 個別銘柄では、トヨタ自動車<7203.T>、ホンダ<7267.T>、スズキ<7269.T>など自動車株が上伸。アドバンテスト<6857.T>、東京エレクトロン<8035.T>、TDK<6762.T>、村田製作所<6981.OS>などハイテク株も堅調となっている。

 また7日付の日経新聞で、2008年度をメドにICカード乗車券を相互利用できるようにする方針と報じられた、JR東日本<9020.T>、JR西日本<9021.T>、JR東海<9022.T>の3社もしっかり。

 一方、アイフル<8515.T>、武富士<8564.T>、プロミス<8574.T>などノンバンク株は続落している。ソフトバンク<9984.T>、ヤフー<4689.T>も軟調。

(ロイター7月7日=東京)

 (06/07/07 10:40)  





■関連文章
  • 東京株式市場・寄り付き=続落、米株安や地政学的リスクで(06/07/06)
  • インド株式市場への投資判断を「買い」に変更=HSBC(06/06/27)
  • 中国銀行、本土でのIPO仮条件を3.05─3.15元に設定(06/06/19)
  • 東京:「六四天安門事件」17周忌追悼デモと記念集会(06/06/06)
  • インサイダー容疑で村上氏を逮捕=東京地検が正式発表(06/06/05)
  • 東京株式市場・寄り付き=米株高受け自律反発(06/06/01)
  • 東京板橋区: 「真善忍国際美術展」開催(06/05/14)
  • 香港経済短信 5月10日(06/05/11)
  • 香港経済短信 5月3日(06/05/04)
  • 日銀:景気回復が続き、量的緩和金融政策解除か(06/03/08)
  • 東大・海洋開発研究機構、日本海で「燃える氷」を発見(06/02/24)
  • ハンセン病修正法案可決、国外入所者も救済(06/02/04)
  • 新型インフルエンザの防止対策、東京で国際会議(06/01/14)
  • 日本:日経平均株価は下半期で50年ぶりの最大値上げ幅(05/12/31)
  • 世界各地で600万人の中共離脱を声援する集会(05/12/06)