印刷版   

8月23日、仏ルノーは、米フォードがゴーン社長に提携を打診したとの報道に、コメントを控えた。写真は7月、ゴーン社長兼CEO(2006年 ロイター/Toshiyuki Aizawa)

仏ルノー、米フォードがゴーン社長に提携打診との報道にコメントせず

 フランス自動車大手ルノーは23日、米フォード・モーターのビル・フォード会長兼最高経営責任者(CEO)が、ルノーと日産自動車<7201.T>のゴーン社長兼CEOに提携の可能性について打診したと一部で報じられたことについてコメントを差し控えた。

 ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)欧州版は、フォードが最近ゴーン社長に電話で連絡を取り、米ゼネラル・モーターズ(GM)との3社提携協議を続行しないと決定したのであれば、フォードとの協議を考慮すべき、と打診したと伝えた。

 ルノーの広報担当は「フォードとゴーン社長による電話での会話についての情報は一切ない。この報道についてコメントできない」と述べた。

(ロイター23日=パリ)

 (06/08/24 09:14)  





■関連文章
  • 7月米自動車販売は米メーカーが大幅減、小型車人気でアジア勢快走(06/08/02)
  • 米GM、日産自・ルノーとの提携を迅速に検討=ワゴナー会長(06/07/14)
  • 6月の米国内自動車販売台数、ビッグスリーが減少しトヨタが急増(06/07/04)
  • ルノー、3日にGM・日産との提携検討=仏経済財務産業相(06/07/03)
  • 米自動車3社、再生可能燃料利用の自動車生産増へ(06/06/29)
  • 米GM、3万5000人が早期退職制度に応募(06/06/27)