中国広西自治区:一人っ子政策の強制執行で、新たな大規模衝突発生

2007年05月30日 17時37分
 【大紀元日本5月30日】広西自治区博白県で地元政府の一人っ子政策の過酷な強制執行を巡る大規模の衝突事件に続き、同自治区のそのほかの3つの鎮でも5月29日、同様な衝突事件が発生した。あわせて3千人以上の農民が現地の「計画生育事務所」あるいは町役場を包囲し、公安警察と激しく衝突した。100人以上の農民が負傷、老人1人が警察に殴り殺されたもよう。

 今回の衝突は、容県の楊梅や、霊山、黎村などの三つの鎮で発生した。現地村民の証言によると、5月29日は現地の祭日で、3千人あまりの農民が抗議するために集結し、計画生育事務局の建物を焼き払い、自動車やバイクにも火をつけた後、現地の町役場を包囲した。集まった群衆は約1万人を超えた、1人が死亡したとの情報も流れているが、確認は取れていない。武装警察は大型バス数台で、現地入りした。多くの農民が負傷し、重傷者も少なくない。抗議者を追い払うために犬も放されたという。

 大紀元記者が楊梅鎮の町役場に電話取材したが、ある幹部は、「昨日の事件はすでに沈静化した。いま、上級政府部門に処理を委ねている。一部の農民が逮捕され、詳細な人数を知らない。放火事件も発生した。自分が一般の職員であるため、これ以上のことを知らない」と答えた。

 また、60歳代の老人が警察に殴り殺されたとの情報について、電話で確認したが、楊梅鎮派出所の関係者は事実関係を否認した。

 現地農民から寄せられた情報によると、地元政府の「一人っ子政策」の実行は非常に乱暴で、多くの農民が強く怒っている。計画生育事務局の関係者らは、政策に違反した農民から罰金を徴収したが、支払うことができない者に対しては、家財道具などを押収し、金目の物がないとわかると住居を破壊した。農民たちは、取り締まりが暴力的なため、抗議行動に出たという。

 一部の情報筋によれば、衝突が発生した地域において、昨日夜から戒厳令が実施されたという。

 ある農民は電話取材の記者に対し、「公安警察から、事件を外部に漏らさないよう脅迫された。そうしないと社会秩序を騒乱するとの罪状で逮捕する」と証言した。

 また、博白県での大規模衝突事件発生後、28人の農民が逮捕された。ここにきて、韓一村弁護士を含め北京在住の数人の弁護士は、勾留中の農民に法的援助と刑事弁護を提供するのを申し出、中国当局に対し、真相を調査し、違法執行する地元政府を処罰するよう呼びかけているという。

関連キーワード

関連特集

^