THE EPOCH TIMES

『チャングムの誓い』のチョン尚宮 「記憶の奥底に留めておきたい」=神韻ソウル公演

2009年02月09日 00時00分
 【大紀元日本2月9日】2月7日夜、『チャングムの誓い』でチョン尚宮を演じたベテラン俳優ヨ・ウンゲさんが、神韻国際芸術団ソウル公演を鑑賞に訪れた。

 とても感動したというヨ・ウンゲさんは、興奮気味に、「この気持ちをどう表現したらいいのかしら。ただ単なる舞踊のレベルをはるかに超えて、人が生きる道理を悟らせてくれたの。転生とは、輪廻とは何かということを教えてくれた。本当に感動的で、どう言えばいいか上手い言葉が見つからない」と語った。

 そして、詩的なことばで、「まるで地下から湧き出た泉のようで……、魂の奥底に眠っていた清らかな泉が少しずつ湧き出してくるような感じ」と表現した。

記憶の奥底に留めておきたい公演

 ヨ・ウンゲさんは、『迫害の中を毅然と神の道を歩む』が最も印象深かったとし、涙ぐみながら、「お父さんが迫害によって亡くなり天に昇っていく場面は、本当に辛く、熱いものがこみ上げてきた」と語った。

 そして、「この公演は、ただ単に目で見て楽しむだけでなく、脳裏に焼付け、記憶の奥底に留めておきたい」と絶賛し、「舞踊のプロや振り付けをしている人はみんな見に来るべきだわ。自国の文化だけでなく他の文化も学んで始めて、韓国の文化の伝統を守れるんだから」と多くの人に鑑賞を薦めた。


新唐人テレビ (http://www.ntdtv.com

 
 公演を観ると落ち着く

 ヨ・ウンゲさんは、神韻公演が世界80あまりの都市で歓迎を受けていると知り、感慨深げに、「最近は何もかもが速く変化し、渦巻きの中で、人は自分の頭で考える時間がない。この公演には、深く考えさせられる場面が多い。『静』の部分が多く、バックスクリーンもゆったりと落ち着いた静かなものが多い。だからこそ、心が落ち着くのだと思う。若者であれ、年配の人であれ、この公演にきっと引き付けられるはず。ぜひ世界各地の人に観てもらいたい」という。

 ※今年69歳のヨ・ウンゲさんは、韓国の著名なベテラン俳優。『チャングムの誓い』で彼女が演じたチョン尚宮は、善良な心を持ち、不正や曲がったことを嫌う役柄で、視聴者から好評を博した。最高尚宮の地位を妬まれる中で発した「料理を作るものがそれを利用し富と権力を貪るとは何事だ!」ということばは、チャングムのその後の信念ともなった。

 ※神韻国際芸術団は、韓国公演終了後来日し、2月11日~18日の間、東京、名古屋、広島、大阪で計7公演を行う。詳しくは日本公演公式HPをご覧ください。

(記者・李承振/翻訳編集・瀬戸)

関連キーワード

関連特集

^