THE EPOCH TIMES

ロータリークラブ会員 神韻は視覚と精神の糧=台湾

2011年03月17日 07時00分
 【大紀元日本3月17日】中国の伝統文化を伝える神韻芸術団は3月12日から4月17日まで、1ヶ月以上にわたり台湾で巡回公演を行う。台湾国際ロータリークラブのメンバーらが台湾・桃園市で行われた公演を鑑賞した。

 「神韻芸術団はまさに真・善・忍の表れです。非常に共感し、感動しました。そして、心から感謝しています」とロータリークラブ会員の陳素琴さんは話す。

 ロータリークラブの総監・劉啓田さんは、「それぞれの演目に出てくる秦や唐の時代、また『西遊記』の中にも真・善・忍の精神が表現されています。今の世の中は人心と道徳が非常に堕落していますが、多くの感動を与えてくれました。神韻はすべての人に、よい影響を与えてくれるものです」と語った。

 また、同クラブ会員の徐梅枝さんは、「今日の公演で中国5千年の文化を知ることができ、それが最も嬉しいことです。来年は子供を連れて見に来ます。真の中国文化を子供に知ってもらいたい。これこそが最高の品性と道徳の教育です。学校教育にも広げられるといいですね」と話した。

 人の心を感化し、次世代に真の中国文化を伝える神韻公演。東京では4月20日より30日まで、東京・仙台・西宮・広島で計8公演が行われる予定。

 
(翻訳編集・余靜)


関連キーワード

関連特集

^