印刷版   

6月5日、投資会社M&Aコンサルティングの村上世彰氏が、阪神電気鉄道への株主提案などについて午前11時から会見すると発表した。写真は1月、東京証券取引所の株価ボードを眺める人(2006年 ロイター/Toru Hanai) 

村上氏が午前11時から会見、阪神株主提案などについて

投資会社M&Aコンサルティングの村上世彰氏は、阪神電気鉄道<9043.T>への株主提案などについて午前11時から東証で会見すると発表した。

 複数の関係筋によると、阪急ホールディングス<9042.T>による阪神電気鉄道の株式公開買い付け(TOB)で、阪神の筆頭株主で村上氏率いるM&Aコンサルティング(村上ファンド)は4日までに、阪急HDに対し、保有する阪神電鉄株を売却する方針を伝えた。この結果、TOB成立の可能性が高まり、阪急と阪神の経営統合は実現に向け、大きく前進する。

 村上ファンドは46.82%の阪神電鉄株を保有しているが、関係筋によると、阪急HDに対して「保有株を売却する(TOBに応じる)方針を伝えてきた」という。ただ、保有株のすべてを売却するかどうかは、まだ明らかにしていないとしており、早急に調整を続ける。

 阪急HDは6月19日を期限として阪神電鉄株を1株930円でTOBしており、10月1日付の経営統合を目指している。

 一方、共同通信など国内メディアは、東京地検特捜部が村上氏と村上ファンドの幹部数人を証券取引法違反容疑で早ければ5日にも逮捕する方針を固めたもようだと報じている。

 共同によると、村上氏はニッポン放送株をめぐり、ライブドアの前社長・堀江貴文被告(証取法違反容疑で起訴)から、大量取得の内部情報を聞き、同放送株を買い増したとされ、東京地検特捜部は前週末に村上氏から任意で事情を聴取。同放送株の売買経緯などについて、説明を求めたとみられているという。

(ロイター6月5日=東京)

 (06/06/05 10:13)  





■関連文章
  • 村上ファンドが阪神株売却の方針、TOB成立の方向へ(06/06/05)
  • 村上F捜査報道でアク抜け感、信用買い残の整理促す契機に(06/06/02)
  • 村上F捜査報道で関連銘柄に投げ売り、市場全体への影響は限定的(06/06/02)
  • 村上ファンドへの捜査報道、阪急の阪神株TOBが有利に進展も(06/06/02)
  • 静岡県記者クラブで会見、中国での臓器移植の実態を説明(06/06/02)
  • 韓国議員、中国での臓器狩り調査を促す(06/05/21)
  • 緊急記者会見:中共政権の大紀元に対するテロ襲撃に抗議、中国の民主化を求めるハンスト・(06/02/14)
  • 日本財団、安倍官房長官に海洋政策を提議(05/11/24)
  • シンガポール法輪功学習者が不公平な判決に抗議(05/05/09)