印刷版   

6月21日、日本は米政府の認定を受けた食肉処理施設を日本側が査察したうえで、米国産牛肉の輸入を再開することで合意。写真は2月、東京での米国産牛肉輸入に反対するデモ(2006年 ロイター/Issei Kato)

日本政府、米施設の検査後に牛肉の輸入再開で合意

  日本は、米国産牛肉の輸入再開について、米政府の認定を受けた食肉処理施設を日本側が査察したうえで輸入再開することで合意した。日本政府高官が21日、明らかにした。小泉首相の訪米を1週間余り先に控えるなかでの発表。

 米国産牛肉禁輸問題は、日米間の懸案のひとつとなっていた。

[ロイター21日=東京]

 (06/06/21 12:49)  





■関連文章
  • 日本株式市場には長期的に機会=インベステック(06/06/20)
  • 【ことばの豆知識】元気(06/06/19)
  • 在日中国系企業、ネットで大量の海賊版映像作品を公開(06/06/17)
  • 社会保障の安定財源確保、消費税の目的税化を示唆=財政審の論点整理(06/06/15)
  • 米不動産市場に日本勢回帰の兆し、ファンドに資金投入(06/06/14)
  • 【ことばの豆知識】厠の火事(06/06/13)
  • サッカー=ジーコ監督、「我々は厳しい状況に立たされている」(06/06/13)
  • 電通株が軟調、ワールドカップ日本敗戦が嫌気材料に(06/06/13)
  • サッカー=日本が黒星スタート、豪州に痛恨の逆転負け(06/06/13)
  • 胡錦涛・国家主席、訪日ついて言及(06/06/13)
  • 将来の増税幅縮小に向け歳出削減や改革続行=衆院で首相(06/06/12)
  • 中国国営メディア、日本の防衛庁の省昇格案を非難(06/06/12)
  • 1─3月GDP2次速報は上方修正、内需デフレーターが5期ぶりにプラス(06/06/12)
  • 長野県知事、台湾で観光キャンペーン (06/06/12)
  • 韓国沿岸警備当局、初の国際合同演習を釜山沖で実施(06/06/10)