印刷版   

7月30日、レバノン南部カナで、イスラエル軍による空爆があり、子供21人を含む少なくとも40人のレバノン人が死亡した。写真は、負傷者を搬送する赤十字関係者(2006年 ロイター/Zohra Bensemra)

イスラエル軍がレバノン南部を空爆、子供21人を含む40人死亡

 レバノン南部カナで30日、イスラエル軍による空爆があり、子供21人を含む少なくとも40人のレバノン人が死亡した。過去19日間におよぶイスラエル軍による空爆で最悪の流血事態となった。

 目撃者や救助隊員らによると、同空爆で家屋数棟が倒壊したほか、市民100人前後が避難していた3階建てビルも破壊されたもよう。

 イスラエル軍側は、カナの住民に対する退去警告を行っていたとしたうえで、レバノンのイスラム教シーア派民兵組織ヒズボラによるイスラエルへのロケット攻撃に責任があると述べた。



[ロイター30日=カナ(レバノン)]

 (06/07/30 19:32)  





■関連文章
  • 米英首脳、レバノン情勢解決目指し外交努力の迅速化を確認(06/07/29)
  • イスラエルは作戦続行、レバノンは死者最大600人か(06/07/28)
  • レバノン情勢めぐる外相会議、即時停戦で合意できず(06/07/27)
  • フランスがレバノンへの国際部隊で主要な役割果たす可能性=仏大統領(06/07/27)
  • イスラエルの国連施設空爆で中国人が死亡、国連大使が非難(06/07/26)
  • イスラエル軍が国連レバノン暫定軍の基地を空爆、4人死亡(06/07/26)
  • レバノン停戦は緊急課題、停戦には条件も=米国務長官(06/07/24)
  • イスラエル、レバノン南部への侵攻部隊を拡大へ=軍ラジオ(06/07/23)
  • 米大統領、レバノン問題でシリアとイランを非難(06/07/23)
  • 米国、国連事務総長によるイスラエルとヒズボラの停戦案に不満を表明(06/07/21)
  • イスラエル軍がレバノン空爆継続、64人死亡(06/07/20)
  • イスラエル軍のレバノン空爆継続で31人死亡、ヒズボラも応戦(06/07/19)
  • イスラエルの空爆受け、多数の外国人がレバノンから脱出(06/07/18)
  • イスラエル、人質解放されるまで攻撃を継続=オルメルト首相(06/07/18)
  • イスラエル、レバノンへの攻撃を数日中に終了する可能性=テレビ(06/07/18)