印刷版   

7月2日、米国防総省高官らがイランの核施設を爆撃しても成功しないとブッシュ大統領(写真)に警告していたことが明らかに(2006年 ロイター/Jonathan Ernst)

米国防総省高官、イラン核施設爆撃しても成功しないと大統領に警告=雑誌

 2日付の米ニューヨーカー誌は、国防総省高官らがブッシュ大統領に対し、イランの核施設を空爆してもおそらく同国の核プログラムを破壊することはできないとの見解を伝えていたと報じた。

 同誌は、匿名の軍当局者の発言として、外交努力が失敗に終わって武力を行使すれば「経済、政治、および軍事面で米国に深刻な結果がもたらされるだろう」と国防総省幹部らが述べたと伝えた。

 同誌は「高官らは「重要な点は、米国も欧州も、情報機関が極秘活動や隠された施設の存在を示す具体的な根拠を見つけておらず、空爆の対象が判然としていないことだ」と述べた。また情報機関によれば、過去2年間にイランは核関連物質や生産設備の一部を都市部に移動し、爆撃に備えているという。

 [ロイター7月2日=ワシントン]

 (06/07/03 16:41)  





■関連文章
  • イラン、ウラン濃縮停止は交渉の上でのみ検討(06/06/23)
  • 原油価格、イラン軍事紛争化なら3倍に上昇も=駐米サウジ大使(06/06/21)
  • イラン核問題、ポジティブな雰囲気が合意への道開く可能性=モッタキ外相(06/06/19)
  • 中国・ロシアと多くの問題で意見一致=イラン大統領(06/06/16)
  • イラン、新たなウラン濃縮を開始=IAEA報告書(06/06/09)
  • イラン最高指導者の発言は「仮定の話」=米政府が忍耐呼び掛け(06/06/06)
  • イラン、2010年までに核兵器保有の可能性=米国家情報長官(06/06/02)
  • イラン、中国の原料で濃縮ウランを加工(06/05/20)
  • イスラエル、58回目の独立記念日(06/05/04)
  • 鳥インフルエンザ、欧州やインド、イランに拡散(06/02/20)
  • イラン、ウラン濃縮再開、アジア環太平洋会議、核拡散防止急ぐ(06/02/15)
  • イラン核問題、IAEA緊急会議、3日に再開(06/02/03)
  • ブッシュ大統領、一般教書演説、自由民主拡大を強調(06/02/02)
  • 国連常任理事国代表、イラン核問題、安保理付託に合意(06/02/01)
  • 中国とロシア、イランの核問題を国連安保理への提出に同意(06/02/01)