印刷版   

米民主党の支持率が共和党を大きくリード=世論調査

 9日に発表された一連の米世論調査で、中間選挙を1カ月後に控え、民主党候補の支持率が共和党候補を大きく上回っていることが明らかになった。辞職した共和党のフォーリー前下院議員のわいせつなメッセージをめぐるスキャンダルが尾を引いているとみられている。

 民主党のリードは、USAトゥデー紙とギャラップ社による調査では23ポイント、CNNの調査では21ポイントだった。

 ABCニュースとワシントン・ポスト(WP)紙の調査では、共和党支持率41%に対して民主党支持率は54%となり、ABCは、中間選挙にこれほど近い時期に、民主党がこれだけ大きなリードを見せるのは過去20年以上で初めてとしている。

 また、フォーリー前議員のスキャンダルを事前に把握していながら適切な措置を取らなかったとして批判されているハスタート下院議長に対して辞任を求める考えを示した有権者は、CNNの調査で52%、CBSの調査では46%だった。

[ワシントン 9日 ロイター]

 (06/10/10 16:47)  





■関連文章
  • 米国、北朝鮮への国連制裁決議案を提出へ(06/10/10)
  • 米小学校射殺事件:身を挺した13歳の少女、犯人を恨まないよう呼びかけた祖父(06/10/08)
  • 米議会、中国の臓器狩りの公聴会を招集(06/10/05)
  • 北朝鮮による核実験は「受け入れ難い脅威」=米国務省(06/10/04)
  • イラン、現段階では核開発停止を示唆していない=米国務長官(06/10/03)
  • ブッシュ大統領の支持率が42%に上昇、政党別では民主党がリード=世論調査(06/09/29)
  • 米2006年度中国人権報告:死刑囚からの臓器摘出を指摘、人権状況の連続後退(06/09/27)
  • 6カ国協議の難航、米国が原因=北朝鮮外務次官(06/09/27)
  • イラン核問題解決に向けた交渉、米国抜きで開始の可能性=独誌(06/09/25)
  • カナダ外務省前局長、米議会議事堂で記者会見、臓器狩りについて中国当局に反論(06/09/24)
  • 外国中銀の米財務省証券・機関債保有高、前週比130.4億ドル減(06/09/22)
  • 米GMとルノー・日産の3社提携、実現の可能性小さい=S&P(06/09/22)
  • 米上院、対中制裁関税法案を可決する可能性高い=財政委員長(06/09/22)
  • 米政府、タイに民主主義の早期回復を促す(06/09/21)
  • 米カリフォルニア州、温室効果ガス排出で自動車メーカー6社を提訴(06/09/21)