印刷版   

【漢詩コーナー】送元二使安西(唐・王維)

 【大紀元日本4月28日】雨さえ降らなければ、毎朝最寄り駅まで20分ほど歩きます。途中の川沿いに柳が植わっており、つい先日、遠目になんとなく木全体が緑がかって見えました。近づいて見ると、枝のあちこちに緑の小さな粒が付いているではありませんか。そして、それが、数日のうちに一斉に芽吹き、あっという間に目にも鮮やかな緑となりました。こんな時季にぴったりの詩をご紹介しましょう。(智)

送元二使安西  唐・王維
元二の安西に使いするを送る

渭城朝雨浥軽塵  渭城(いじょう)の朝雨 軽塵を浥(うるお)す
客舎青青柳色新  客舎(かくしゃ) 青青 柳色 新たなり
勧君更盡一杯酒  君に勧む 更に尽くせ 一杯の酒
西出陽関無故人  西のかた 陽関を出づれば 故人無からん

(日本語訳)
朝方渭城に降った雨が、軽く舞い上がった塵を潤し、
旅館の前の青々とした柳は、雨に洗われていっそう鮮やかに見える。
(君は今から遠く安西に使いに出るのだから)さあ、もう一杯飲み干しなさい。
西のかた陽関を出れば、もう親しい友もいないだろうから。

【ひとこと】
 友人の元二が、使者として西域の安西に旅立つに際して、渭城(長安郊外)まで見送ったときに詠んだ送別の歌である。西域には親しい友人もいないだろうから、「さあ、もう一杯」と勧めるあたり、作者の元二に対する思いやりが絶妙に詠み込まれている。

 (08/04/28 00:40)  





■関連文章
  • 【漢詩コーナー】遊子吟(唐・孟郊)(08/04/21)
  • 【漢詩】詠知交 (交わりを知る)(08/03/04)
  • 「千山 鳥飛ぶこと絶え」~冬至に寄せて~(07/12/22)
  • 「霜葉は二月の花よりも紅なり」-短歌募集を兼ねて-(07/12/19)
  • 三峡ダムがもたらす環境・自然災害、収拾のつかない事態になる可能性=中国環境問題専門家(07/12/04)
  • 三峡ダム建設による環境破壊、解決は不可能か(07/11/29)
  • 【季節のテーブル】11月の花札~伝説の出世「柳にカエル」~(07/11/01)
  • 書評:柳田国男『こども風土記』(07/09/19)
  • チャイナ川柳【四川柳】投稿のお誘い 七月のお題:『七夕』(07/06/30)
  • 和風川柳 投稿のお誘い 七月のお題:『中国時事・文化』(07/06/30)
  • ファンタジー:個人タクシー「金遁雲」の冒険独白(その4前編)(07/06/23)
  • ファンタジー:個人タクシー「金遁雲」の冒険独白(その2)(07/06/14)
  • 【チャイナ川柳】四川柳 6月の選評作品(07/06/12)
  • 【チャイナ川柳】四川柳 5月の選評作品(07/05/31)
  • 【チャイナ川柳】四川柳 投稿のお誘い(07/05/16)