印刷版   

バイオディーゼルを給油する女性=米国カリフォルニア州バークレーで(Photo by Justin Sullivan/Getty Images)

バイオディーゼル燃料、未来の燃料となるか(1)

 【大紀元日本5月9日】1900年、パリ世界博覧会においてルドルフ・ディーゼルは菜種油と植物油により駆動させるディーゼルエンジンを出展した。当時、彼のディーゼルエンジンは石油を原料とした燃料で駆動する自動車エンジンに淘汰された。それから100年、環境と石油供給の問題に対する不安に伴いディーゼルエンジン及びその他のエネルギーにより駆動させるディーゼルエンジンの持続可能な選択肢が注目されている。専門家は、米国におけるディーゼル自動車の生産は今後10年間で3倍に増加すると見ている。VOAが伝えた。

 バイオ燃料は菜種油あるいは植物油を加工し燃料にしたものである。それ単独でディーゼルエンジンに使用でき、また石油燃料との混合使用も可能。

 *バイオフューエル・オアシス*

 カリフォルニア州バークレーのある燃料スタンドは「バイオフューエル・オアシス」と呼ばれており、ここでは植物油を加工したバイオ燃料を販売している。同スタンドは女性5人がオーナーの共同経営スタンドだ。経営者の一人マーガレット・ファロウさんは、このスタンドの開設目的は人々に大型石油会社が販売する石油燃料以外の持続可能な選択肢を提供することだと話している。

 「これはクリーンな燃料でガソリンよりも効率的だ。また、生物分解性物質で、無毒、非可燃性。これ以外に温暖化ガス排出面から見てもバイオ燃料を使用すれば、大気中の二酸化炭素は増加しないだろう」

 バイオフューエル・オアシスは2003年の開設以来、約2500人が給油に来たという。サンドラ・ルピアンさんもその中の一人だ。「バイオディーゼルの使用について、私にとって重要なポイントは私たちが再生された植物油から作られているバイオディーゼルを使用しているのを確実にすることだ。また、レストランからただ捨てられるだけの廃油を回収し、新しく加工される油の代わりにできる」と述べた。

 *米国、1600ヶ所にバイオディーゼルスタンド*

 現在、バイオディーゼル燃料には大豆などの作物から作られるものとリサイクルされた植物油を原料とする2種類が存在する。リサイクル燃料はバイオフューエル・オアシス以外の燃料スタンド数ヶ所で、1リットル1ドル10セントで販売されており、カリフォルニア州のレギュラーディーゼル油より約5セント、ガソリンより10セント高い。

 ディーゼル油の価格がガソリンより高いといってもリッター換算すればディーゼル車を使用する方が安価だろう。ディーゼルエンジンはガソリンエンジンより効率的になるよう設計されているため、より高い燃費を提供できる。しかしバイオディーゼル燃料を提供しているスタンドを見つけ出すのはたいへん手間がかかることかもしれない。全てのスタンドがディーゼル油を提供しているわけではなく、バイオディーゼル燃料を提供できるスタンドは非常に少ない。実際、米国ではバイオディーゼル燃料スタンドは1600ヶ所しかなく、その大部分は中西部及び東西海岸に集中している。

 *バイオディーゼル油を生産する製油工場*

 バイオフューエル・オアシスが販売するバイオディーゼル燃料はカリフォルニア州北部の植物油を回収し製油加工するただ一つの製油工場Yokayo Biofuelsから来たものである。

 プロカーさんは、米国カリフォルニア州ユーカイアにあるバイオ燃料会社の総裁兼創立者である。ユーカイアはサンフランシスコから北へ2時間ほど車を走らせた場所にある小さな町である。該会社はここで2001年から営業を開始しており、毎日約3700リットルのバイオ燃料を生産量している。

 プロカー氏は、バイオディーゼルトラックで北カリフォルニア州にある約700件のレストランから使用済み食用油を回収している。これらの油は処理工場に運ばれた後、加工される。油はクリーナー、高速攪拌、加熱や食べ物の残りカスと水分除去の過程を経る。分離された食品は合成肥料になる。濾過過程を経て転換工程に入れられ、メタノールと水酸化カリウムで扱われて灰汁で処理され、植物油は分解される。

 「人々は、バイオディーゼルが危険な燃料であるかどうか尋ねます。ですが、実はそれを作り浄化すると、完全に無毒無害になるのです」。

 また、プロカー氏は米国バイオディーゼル燃料委員会の持続性特別委員で、この産業の発展のための規定制定のために活動している。彼は、バイオディーゼル燃料の環境と世界の食料供給対する影響を考えると同時に、持続可能なスーパーバイオディーゼル燃料用作物の検索中であると話した。

 一方で、どのような原料でバイオディーゼル燃料を造るとしても、工業領域の専門家らは、バイオディーゼル燃料が未来のエネルギー供給の重要な部分になることを期待しているという。

 
(翻訳・坂本、編集・藤川)


 (08/05/09 05:02)  





■関連文章
  • コストゼロの生物燃料、実は高い大気汚染の代償=インド・ビハール州(08/05/07)
  • 米国メーカー、中国のコスト上昇で撤退考慮(08/05/04)
  • 窓に現れた、涙を流すイエス=米国フロリダ(08/04/19)
  • 欧州、中国への警戒感強まる(08/04/16)
  • 米議会「人権と五輪」シンポジウム、「民主訴求は五輪政治化ではない」(08/04/14)
  • せい火リレーランナー、チベット旗を展開=米シスコ(08/04/10)
  • 北京五輪時、中国での買い物に注意呼びかけ=米国当局(08/04/05)
  • 米下院議長、北京五輪せい火リレーボイコットを支持(08/04/01)
  • 台湾狙った中国ミサイル、1400発まで増設=米国情報(08/03/30)
  • アトランタで竜巻、2人死亡=米ジョージア州(08/03/18)
  • 中国産医薬品原料使用、米国で19人死亡(08/03/10)
  • 米大統領選共和党予備選、マケイン氏オハイオ州で勝利=指名可能性強まる(08/03/05)
  • EUと米国、金融情報統制で中国をWTO提訴(08/03/03)
  • 米ニューヨーク州司法当局 死体闇市場を徹底捜査へ (08/02/25)
  • 米ネバダ州で震度6・3の地震発生(08/02/24)