印刷版   

ロシア科学者ら、バイカル湖調査

 【大紀元日本7月22日】ロシアの科学者はこのほど、今月行う潜水艇調査概要を発表し、有史以来初、バイカル湖の水深潜水調査を求めた。バイカル湖はその独特な水中生態系で有名であり、また世界で最も深い淡水湖として知られている。

 バイカル湖探検隊はロシア下院議会の副議長で著名な北極探検家であるチリンガロフ氏により構成された。彼は昨年8月に科学者で構成された北極探検隊を率い、北極海底にロシアの国旗を立てている。

 チリンガロフ氏はモスクワで記者の質問に対し「技術面は非常に複雑だ」と話し、今までバイカル湖の最深1600mの湖の底に到達した者はおらず、先の探査隊も湖面からわずか数百メートルの地点までしか潜水していないと述べた。

 科学者らは湖のさまざまな深さの場所でサンプルを収集し地球温暖化がバイカル湖に与える影響を記録し、ロシア政府に注目させ環境保護の必要性を強調するのだという。

 世界遺産であるバイカル湖の潜水調査は今月29日に展開され、Mir-1、Mir-2ミニ潜水艇に数十名のダイバーが乗り込む。これらの任務はいくつかの環境保護組織からの出資援助を受けている。

 バイカル湖の貯水量は世界の淡水湖の総貯水量の5分の1を占めているという。

 
(翻訳・坂本)


 (08/07/22 08:08)  





■関連文章
  • 貴州省:「瓮安事件」を調査中の民間調査員に対する警察の監視及び脅迫(08/07/19)
  • ロシア・オホーツク海、M7・5の地震発生(08/07/05)
  • 有毒ガス漏えい、3人死亡=中国黑龍江省(08/06/09)
  • ロシアで工事用車両の窃盗増加(08/05/09)
  • 08年度国連報告書:中国当局による臓器狩りの責任追及(08/05/09)
  • 中国磁器の発祥地は浙江省北部=最新調査(08/05/01)
  • 欧州、中国への警戒感強まる(08/04/16)
  • 米世論調査:7割が北京五輪は間違い(08/04/11)
  • 8割近くが緑内障のリスク持つ=香港調査(08/03/07)
  • 米ニューヨーク州司法当局 死体闇市場を徹底捜査へ (08/02/25)
  • イランがロケット発射実験、調査衛星打ち上げに向け=国営TV(08/02/05)
  • ロシア大統領選、カシヤノフ氏の出馬認めない根拠ある=選管(08/01/25)
  • シベリア地区:今後1週間気温が-55℃に、事故防止厳重警戒(08/01/18)
  • 3度目鳥インフルエンザ感染発生、50万羽家禽処分=ロシア(07/12/15)
  • ロシア下院選挙前、反体制派が抗議デモ=多数の逮捕者(07/11/28)