印刷版   

ドイツ・ミュンヘンのシーメンス本社(Getty Images)

ドイツ・シーメンス社中国法人、賄賂総額20億ドル=米国司法部

 【大紀元日本12月20日】米国司法部の資料によると、ドイツ・シーメンス社(ドイツの総合電機メーカー)の中国法人は中国国内で商業賄賂行為を行い、その総額は20億ドルに達した。

 中国国内紙「第一財経日報」によると、賄賂容疑がもたれたのは同社の中国法人、シーメンス交通(TRANSPORTATIONS SYSTEM)社、シーメンスPTD社、シーメンス医療グループなどである。

 米国コロンビア地区の地方裁判所の訴状によれば、2002年から2007年までに、シーメンス交通社は2200万ドルを、香港のコンサルティング会社とその関連機構を介して、中国当局の幹部に賄賂として渡した。その見返りは、総額10億ドルを超す7つの地下鉄の列車と信号設備のプロジェクトを獲得するためである。

 また、訴状によれば、2002年から2003年まで、シーメンスPTD社も2500万ドルをコンサルティング会社を介して、中国当局の幹部に渡した。その見返りは、華南地区の2つの総額約8.38億ドルの電力高圧輸送ラインのプロジェクト。

 そのほかに、2003年から2007年までに、シーメンス医療グループ社は1440万ドルの賄賂を、中国国有病院5社に渡した。その見返りは2.95億ドルの医療設備の発注。賄賂は、基金を設立したり、関連の医療機構の医療関係者に豪華な旅行などを提供した。

 
(翻訳・叶子)


 (08/12/20 11:38)  





■関連文章
  • 村選挙候補賄賂疑惑、村民千人抗議(08/12/14)
  • 中国長者番付トップ逮捕、投資危険性が再浮上(08/11/30)
  • 賄賂拒否の華人系米国人実業家、中国で監禁10年目に釈放(08/07/06)
  • (再掲載)上海一の大富豪に16年の禁固刑(07/12/01)
  • 中国高官、謝罪文もコピー(07/09/16)
  • 世界大手シーメンス、中国での不正経営認める(07/08/27)
  • 中国官僚、人事異動で風水師に殺到(07/05/20)
  • 深刻な幹部汚職と官商の結託状況を露呈=中国国家審計署報告(06/08/03)
  • 江蘇省交通庁長、贈収賄で懲役20年の有罪判決(06/07/25)
  • 中国農業銀行、違法違規に絡む金額615.6億元(06/06/30)
  • ノキアと独シーメンス、電話機部門統合を発表(06/06/19)
  • 陝西省で9人の子持ち夫婦が発覚、関係職員13人を処分(06/05/08)
  • 中国で偽造商品氾濫の原因(06/03/18)
  • 台湾軍艦購入事件で、江沢民氏など中国高官8人に買収資金流出(05/12/01)
  • 日本の新幹線は中国へ、受注内容調整中を確認(05/12/01)