THE EPOCH TIMES

広西自治区でUFO

2010年08月13日 08時07分
 【大紀元日本8月13日】中国南部の広西自治区柳州市では11日夜、正体不明の発光体が多くの市民に目撃され、地元で話題となっている。

 広西ニュースサイトの報道によると、同日夜9時43分頃、柳州市の住民である趙さんが、すばやく空を飛行する物体に気づいた。バスケットボールくらいの大きさで強烈な緑白の光を放ち、赤い光の尾も付いている。

 家でテレビを見ていた林さんも、夜10時頃、ベランダに差し込んだ強い光に気づき、外を見たところ、不明な発光体を目撃した。速度は早く、音はなかったという。

 ほかにも同じ時間帯に、複数の市民が、直径約60センチ、長さ約120センチの発行体を目撃したと報告している。いずれも速やかに静かに空を飛んでいたことが特徴だ。

 現地科学館の天文関係の職員は、流星ではなくUFO(未確認飛行物体)事件として確認した。

 中国では6月末から、各地で相次いでUFOが目撃されており、その数は十数件以上に上る。8月7日だけでも、浙江省、上海、江蘇省、江西省の多所で多くのUFO目撃の情報が報告された。



8月11日、広西自治区柳州市で目撃されたUFO(ネット写真スクリーンショット)

8月7日、浙江省萧山市で目撃されたUFO(ネット写真スクリーンショット)

(翻訳編集・趙MJ)


関連キーワード
^