THE EPOCH TIMES

高智晟著『神とともに戦う』(61) 2>163(2は163より大きい)②

2011年03月06日 08時31分

 【大紀元日本3月6日】

1、「殺戮」前の小谷囲芸術村

 広州市南部の郊外、元番禺区に新たに造られた鎮(日本で町に相当する行政単位)からは、川に浮かんだ小島が見える。その名を「小谷囲島」という。この島は、珠江の主な航路沿いにたたずみ、広州市の長州島と支流を1本隔てたところにある。島には橋がないため、周りを水に囲まれ、島には船で行くしかない。島はまだ手付かずで、すべて緑で覆われており“広州の肺”と称されていた。この小島には、多くの歴史的な旧跡がある。最も古いものは、南越国(訳注、紀元前に中国南部から北ベトナムにかけて栄えた国)の王の狩猟場で、そこには王のために建てられた風雨亭が2つある。それぞれ、南は南亭、北は北亭と呼ばれており、現在の南亭村および北亭村の名はこれに由来する。静かな小島に住むのは、半農半漁の村人たちで、都市から離れているため、島民には純朴な風情が残っている。

 1994年、ある芸術家の一群が自分たちの楽園を築くために、この小谷囲島を選んだ。彼らは、小谷囲島の南端の川べりに、およそ17.3ヘクタールの商業住宅用地を芸術家村の建設のために購入した。そして長年にわたる苦労の末、ついに海外にまでその名声が広がるほどの、芸術村の様相が出現したのだった。

 広東省は、我が国改革解放の最前線であり、何をやるにしても先頭を走る。_deng_小平の改革開放の「天下の先たるを恐れず(先例となることを恐れない)」の思想に後押しされ、芸術家たちは、芸術創作にもっとふさわしく、有利な環境を造り上げようと積極的だった。これにより芸術村は、広東省広州市における改革解放の1つの産物となるとともに、改革解放後の文化芸術の熱気あふれる向上ぶりと、芸術家による創作意欲のかつてないほどの高まりを人々に見せる例証となったのである。また同時に、広州市の対外文化の「窓口」として高い注目を浴びることにもなった。

 芸術家村には、合わせて165棟の別荘が建てられた。全て、芸術家が各自の芸術理念および作業の習慣に基づいて設計、建造したものである。このため、スタイルはそれぞれ異なり、1つとして同じものはない。庭園でさえ、各々の建築スタイルに合わせた造りになっている。このため芸術家村は全く、一般の分譲別荘のような型にはまることなく、芸術家や建築士それぞれの芸術センスを存分に体現したのである。例えば、中国画の画家の別荘は色濃い中国伝統のスタイルを持ち、大きな画室も備えていた。大きな作品は、市内の家では広げて描くことができないので、この場所こそが彼らの才能を遺憾なく発揮できる場所なのである。また油絵画家ならば通常、本物の油絵を描き出すためのトップライトをほしがるであろう。或いは彫刻家ならば、トップライトの差す作業場のほか、吹き抜けも必要だ。並々ならぬ高さのある彫刻作品に、空間を残すためである。芸術村の多くの建築物およびインテリアは、実は皆、芸術を追い求める芸術家魂の証(あかし)なのだ。そのため、通りすがりに外から見ただけでは、所有者の意図を完全に読みとることはできないだろう。それぞれの家に深く足を踏み入れてこそ、多くの芸術の意味や価値に気づくことができる。部屋の大半はすでに、芸術家の作品および芸術の精神が一体化し、分けることができない。

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^