イスラエル、ガザ地区に空爆

2005年12月19日 07時26分
 【大紀元日本12月19日】イスラエル当局は18日、ガザ地区のパレスチナ武装勢力に空爆を行ったと発表した。陸軍当局同日の発表によると、イスラエル領内にロケット攻撃を行っているパレスチナ勢力の拠点に繋がる道路、橋梁など8箇所を攻撃したという。犠牲者の数は確認されていない。VOAが伝えた。

 パレスチナ当局は17日、この空爆によりパレスチナ武装勢力1人が死亡、3人が負傷したと発表した。安全責任者によると、イスラエル空軍はアブ・リッシュ旅団の一員と見られる武装勢力成員が乗せた車両にミサイルを発射したという。イスラエル側はこの報告を否定した。

関連キーワード
^