印刷版   

中国の銀行、景気下降期に備えて収益性の改善が必要=フィッチ

  格付け機関フィッチ・レーティングスは中国の銀行について、同国政府の景気抑制策を受けた資産の急激な劣化はなさそうだとの見方を示した。ただ、景気の下降期を乗り切るには、収益性の改善が必要だとしている。

 フィッチのアジア金融機関部門の責任者、デビッド・マーシャル氏は30日のインタビューで「中国の銀行は景気下降期への準備が十分ではない」と指摘。

 その上で「もし経済が減速したら、法的な枠組みや与信の文化が未発達な中国など発展途上国では、債務不履行が増えるだろう」と述べた。



[ロイター30日=香港]

 (06/06/30 17:53)