印刷版   

中国とロシア、独自の北朝鮮非難決議案を提出

 中国とロシアは12日、北朝鮮に関する独自の非難決議案を国連安全保障理事会に提出した。核開発計画の停止を求める一方で、日本が求めている北朝鮮制裁決議案からは制裁色を緩める内容になっている。

 大島賢三国連大使は、中国とロシアによる歩み寄りを歓迎したものの、極めて重要な項目について非常に深刻なギャップがあると指摘。このまま受け入れるのは困難だ、との考えを示した。

 平壌で中国代表団による北朝鮮説得が続いていることから、中国は日本がまとめた決議案が直ちに採決されれば拒否権を行使すると表明しており、現時点でどちらの決議案についても採決は予定されていない。

 中国の王光亜国連大使は、中国代表団が北朝鮮に対して外交的解決を導くためになすべきことを伝えたが、北朝鮮からの回答は得ていない、と述べた。

 中国とロシアが提出した非難決議案は、北朝鮮によるミサイル発射を「極めて遺憾」とした上で、ミサイル発射モラトリアムの再開については、「要求」ではなく「要請」の文言を使っている。

 また、国連加盟国に対し、北朝鮮のミサイル開発につながる物資や技術の供給停止を求めるのではなく、「慎重になる」よう呼びかけている。



(ロイター7月12日=国連)

 (06/07/13 08:55)  





■関連文章
  • 北朝鮮とイランの核開発計画は全世界の平和にとって脅威=小泉首相(06/07/13)
  • ヒル米国務次官補、北朝鮮制裁決議案を支持(06/07/12)
  • 中国、北朝鮮制裁決議案の採決で拒否権行使を示唆=英仏国連大使(06/07/12)
  • ロシア、WTO加盟めぐり米通商代表と会合へ(06/07/12)
  • 第3四半期の中国原油需要の伸び、日量50万バレル=EIA月次予想(06/07/12)
  • 日本の北朝鮮制裁決議案は「過剰反応」、状況悪化させる=中国(06/07/11)
  • ヒル米国務次官補が北京入り、武大偉・中国外務次官と会談するもよう(06/07/11)
  • 中国は北朝鮮にしっかり働きかけを=対北制裁決議の採決延期で官房長官(06/07/11)
  • 中国、北朝鮮ミサイル発射に関する国連安保理の議長声明案を提示(06/07/11)
  • 中共政権の影響は北朝鮮問題を解決する最大な障害=中国問題の専門家(06/07/11)
  • ロシア、チェチェン共和国のバサエフ野戦司令官を殺害(06/07/11)
  • 中国都市部の「キッズ・マーケット」、年間2900億元(06/07/10)
  • 北朝鮮ミサイル発射、国際社会の強い意思表明が重要=官房長官(06/07/10)
  • ロシア当局、シベリア航空機事故で調査開始(06/07/10)
  • 韓国、まだ北朝鮮制裁決議案を支持する態勢にない=政府高官(06/07/10)