サウジアラビアでアルコール大量押収

2007/12/06 10:30
 【大紀元日本12月6日】サウジアラビアの首都リヤドで2日、現地警察が瓶詰め輸入アルコール7,356本を押収するとともに現場にいた外国人労働者二人を逮捕、現在取調べ中であることを発表した。アラブニュース紙が伝えた。

 サウジアラビアはアルコール飲料、アルコールを含んだ調味料の製造、持ち込みなどを厳しく禁止しており、サウジアラビア国内の空港に向かう全ての旅客機でもアルコールの提供は禁止されている。
注目記事
^