THE EPOCH TIMES

米フラッシング事件:米議会議員35人、米大統領に調査呼びかけ

2008年08月03日 09時04分
 【大紀元日本8月3日】米議会議員・タンクリード(Tancredo)氏が発起し、2008年7月29日に議員35人の連名で、大統領宛ての公開状をホワイトハウスに提出した。公開状では、ブッシュ大統領は国家の司法部門を指導して、ニューヨークのフラッシングで発生した連続的かつ組織的な法輪功修煉者襲撃事件について、直ちに調査を行うよう呼びかけた。

 今年5月17日から、ニューヨークのフラッシングで、中国共産党の共犯者が法輪功修煉者を包囲攻撃する悪質な事件を起こし、米国の立法機関の関心を引き起こした。数週間来、米議会議員の多くが討論会、記者会見、公共の大集会を通じて、中国共産党の共犯者が公にアメリカの国土で暴力を振るったことを厳しく非難した。少し前に、国会議員・タンクリード氏はこの事件について、ブッシュ大統領に呼びかける公開状を起草し、次から次へと公開状に署名する国会議員が増え、34人に達した。

 公開状の中で、「アメリカの国会議員として、我々はこの数カ月の間にニューヨークのフラッシングで連続的に発生した、組織的な法輪功修煉者攻撃事件に関心を持っています。我々はアメリカ大統領が司法部門を指導して、これらの暴力事件を直ちに調査するように希望します」と陳述した。

 タンクリード氏をはじめとする国会議員たちは公開状の中で、「報道によると、中国大使館の彭克玉総領事がこの事件に指示および煽動の役割を果たしたことを認めています。甚だしきに至って彭克玉総領事は、中国大使館がこの事件に関与したと勘違いしないように、気をつけなければなりません」と表した。

 米国会議員たちのこの連名公開状の中で、「米大統領および政府は中国共産党当局が外交官吏を利用して暴力攻撃を煽動し、現地の資源を利用してアメリカ本土の安全を転覆し、破壊するなどの行為を徹底的に調査すべきだ。そして、関係者を国外追放にし、中国共産党に正式の抗議を提出すべきだ」と要求した。

 タンクリード氏ら一連の議員たちは同時に、中国大使館がいかに学生団体や華人社団を利用して、アメリカの国土で破壊をもたらしたかを徹底的に調査し、フラッシング暴力事件に参与した攻撃者をすべて国外追放するよう米国政府に要求した。また、それらの中国共産党の立場で、法輪功修煉者に対して攻撃や侮り、罵りを行った者のビザを取り消し、順次に国外追放するべきである、と強調した。

 議員らは公開状の中で、周知のように、中国共産党の政権は権力と資源を利用して、9年間の法輪功修煉者に対して残虐に迫害している。米国政府は、いかなる人もこのような迫害をアメリカの国土とコミュニティにまで伸ばす企みを絶対に許さないとした。
関連キーワード

関連特集

^