印刷版   

街頭で若い男性に尋問する警察官=2009年2月、広東省深セン南部の町で(PETER PARKS/AFP/Getty Images)

未成年犯罪が激増、深刻な暴力犯罪60%超=中国重慶市

 【大紀元日本3月3日】中国重慶市高等裁判所が直轄地に昇格して以来初の未成年犯罪白書を公表した。この中には未成年者の犯罪が激増傾向にあり、深刻な暴力犯罪が60%に達していると記載されている。

 「重慶晩報」によると、重慶市が公布した未成年犯罪白書は中国国内の裁判所では初めてだという。同市高等裁判所の張弢(とう)副裁判所長の話によれば、この白書は1998年から2008年のデータを使用し、未成年の犯罪に対する分析を行ったものであるという。

 統計では、未成年の犯罪者数は1998年の1千187人から2008年には2千469人に増加しており、その比率はなんと108%。未成年者の犯罪の悪質さ、社会危害結果の深刻性は明らかに大きくなっている。故意的な殺人、傷害、略奪、誘拐、強姦など深刻な暴力犯罪が60%以上を占め、重大悪質事件、集団犯罪さらには黒社会犯罪に関わる事件の発生率も大幅に上昇している。

 また未成年者犯罪の地域性の特徴は非常にはっきりとしており、経済活動が活発で、流動人口が密集する都市経済区での事件発生率が比較的高い。犯罪類型については地域の相違により異なっており、市街地区では窃盗、薬物犯罪に関わるものが主で、その他の地区では暴力犯罪、性犯罪が比較的目立っている。

 この他に未成年者犯罪の年齢がますます低年齢化しており、教養レベルから見ると文盲および小学生程度の教養を有する者が2割強、初級中学レベルが6割強を占めているという。

 白書ではさらに、今後の未成年者による犯罪は増加傾向を維持し、5年後の上昇幅は12%を超え、10年後では27%になると予想している。犯罪が発生する原因は、学校の責任放棄と親の監督不足であるとしている。

 
(翻訳・坂本)


 (09/03/03 07:28)  





■関連文章
  • 中国重慶市:教員らの大規模ストライキ 参加者1万人超える(08/12/18)
  • 中国湖南省スーパーで抗議事件発生、数百人が商品略奪(08/12/12)
  • 中国広東省:相次ぐ倒産の波、緊急事態に(08/11/14)
  • 殺人死体売買犯罪グループ、広東省で摘発(08/09/05)
  • 中国:年間20万人の児童が行方不明、我が子救出に奔走する親たち(08/09/05)
  • 警官殺傷犯、ネットで英雄に=上海(08/09/02)
  • 中国貴州抗議事件:取材記者、ブログ封鎖で拘束か(08/07/10)
  • 貴州抗議事件:被害者家族行方不明、村民ら沈黙(08/07/10)
  • 貴州抗議事件:少女強姦説を否定する当局、「レイプではなく、腕立て伏せだ」(08/07/03)
  • 「第2のラサ事件」:中国貴州数万人の抗議、警察発砲で4人死亡(08/06/30)
  • 休日の秋葉原を震撼、電気街歩行者天国で白昼の通り魔殺人(08/06/08)
  • ロシアで工事用車両の窃盗増加(08/05/09)
  • ベトナム嬰児密売グループ摘発、バイヤーは中国(08/04/11)
  • ATM故障で無期懲役?=中国広州市(08/01/09)
  • どうして?一昔前の日本製中古車、米国裏街道で人気者(07/10/16)