印刷版   

胡佳氏(VERNA YU/AFP/Getty Images)

受難の中国人4人に、「ヘルマン・ハメット賞」

 【大紀元日本10月22日】米ニューヨークに本部を置く人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」は12日、世界各地で弾圧されている作家などの表現者に贈られる「ヘルマン・ハメット賞」の受賞者を発表した。今年の受賞者は19カ国、37人で、彼らは財政的な支援を受けることになっている。中国人受賞者は、人権活動家の胡佳(フージャー)氏、ジャーナリストの師涛(シートウ)氏、チベット人作家・唯色(ウェイスー)氏、ウイグル人作家・亜森(ヤセン)氏の4人。唯色氏をのぞく3人は現在、監獄に収容されている。

 今回の受賞について、唯色氏は「中国には言論の自由がなく、人権問題も深刻。このような環境下で声を出し続ける人々にとって、この賞はとても励みになる」とコメントした。唯色氏は2006年、当局により自らのブログを閉鎖されている。

 広州の人権弁護士・唐荊陵氏は、胡佳氏らの受賞に喜びを示し、「彼らは、常に中国の人権問題を提起し、そして多くの犠牲を払っている。彼らはこの賞に値する」と述べた。

 
師涛氏(写真・独立中文作家筆会提供)

師涛氏は2004年、「天安門事件」に関する中国中央宣伝部の内部文書をヤフーのEメールで海外に送った。中国当局から圧力を受けたヤフーは、師涛氏の個人メール記録を提供し、師涛氏は「国家機密漏洩罪」で10年の禁固刑を科せられている。

 胡佳氏は、血液売買による集団エイズ感染の被害者を支援したほか、環境や人権問題などを訴え続けた。2008年4月、「国家政権転覆罪」で、3年半の実刑判決を言い渡された。

 
亜森氏(ネット写真)

ウイグル人作家の亜森氏は2005年、自由への憧れを描くエッセイ「野鴿子(野生の鳩)」を発表したところ、「分裂活動を行った」として逮捕され、10年の刑期を言い渡されている。

 「ヘルマン・ハメット賞」は、米国の劇作家リリアン・ヘルマンとその夫のダシェル・ハメットにより1989年に創設された。ハメットが1950年代に政治的な弾圧に遭い、これが賞創設のきっかけとなった。

(翻訳編集・余靜)


 (09/10/22 08:05)  





■関連文章
  • 高智晟著『神とともに戦う』(8)(09/10/20)
  • 監禁中の全盲人権弁護士、健康悪化 妻が世界盲人連合にSOS=中国(09/10/17)
  • ダライ・ラマ14世に「ラントス人権賞」、中国当局は反発(09/10/14)
  • 「高智晟弁護士の近況に注視を」 米議員、公聴会で呼びかけ(09/10/10)
  • 【フォトニュース】中共に向けて大規模なデモ 人権と民主の改善を求めて=香港(09/10/02)
  • 法輪功創始者、「傑出したスピリチュアル・リーダー賞」を受賞(09/09/29)
  • <中共政権樹立60周年> 言動制限を強化、僧侶も対象へ(09/09/26)
  • <政権樹立60周年>教授の解放を求め、北京大学学生らが抗議デモ(09/09/21)
  • ウイグル人権活動家、神韻を絶賛(09/09/02)
  • 北京当局、著名人権活動家を釈放、オバマ訪中をにらんでか(09/08/28)
  • 故金大中・元韓国大統領、国葬に決定(09/08/20)
  • NY市長候補者、人権改善を要求し訪中拒否(09/08/13)
  • ますます注目される、カルガリー国際映画祭=カナダ(09/08/12)
  • 拘束された台湾籍法輪功学習者、中国より帰還(09/08/08)
  • 台湾籍の法輪功学習者、中国帰省中に強制連行(09/08/05)