印刷版   

(John Shearer/Getty Images)

お口の健康に注意、歯周病菌で胎児が死亡

 【大紀元日本2月3日】

 米国産婦人科医が、妊婦は口腔の健康を重視する必要があると警告している。

 これは、彼らが歯周病菌により胎児が死亡した例に遭遇した事によるものだ。

 この妊婦は妊娠39週目で間もなく出産という時に、死亡した胎児を産み落とした。医師が調べたところ、胎児の血液や肺と胃から歯周病菌が発見されたという。女性は歯周病を治療後に再び妊娠し、問題なく出産している。

 医師によると、胎児を覆う羊水が何らかの侵入を受けると、胎児の生存に危害が及ぶ可能性があるという。

 その恐ろしさを意外と知られていない歯周病菌。歯肉の血管を通して全身へ流れていき、全身疾患の原因となる可能性があるようだ。やはり歯は大事にすべきである。

(翻訳編集・市村)


 (10/02/03 05:00)  





■関連文章
  • 行き届かない口腔ケア、記憶力低下の一因(09/12/21)
  • 四川大地震の後、胎児死亡が続発 仮設住宅が原因か(09/09/13)
  • 新疆ウイグル自治区:中共幹部、妊娠6カ月のウイグル族妊婦に堕胎を強要(08/11/18)
  • 朝食抜きの妊婦は、女児を産みやすい(08/05/10)
  • ベトナム嬰児密売グループ摘発、バイヤーは中国(08/04/11)
  • 出産経験女性が乳がんに罹りにくい原因を究明=米最新研究(07/10/10)
  • H5N1型鳥インフルエンザ・ウイルスが変異、人への感染力増強(07/10/08)
  • クラシック音楽が情緒に与える影響(3)(07/09/23)
  • 喫煙は精子を損傷、子孫のDNAに悪影響も=カナダ研究(07/06/04)
  • 南アフリカで妊婦1000人以上が集結、世界記録達成(07/05/21)
  • 7分ごとに、妊婦1人が合併症で死亡=インド(07/03/16)
  • 香港当局:中国大陸の妊婦に、出産予約証新措置を実施(07/02/05)
  • 焦国標氏:「金正日政権は中共の子宮内の奇形胎児」(06/11/02)
  • 中国農村人口の過半数、歯磨きの習慣なし(06/09/02)
  • 中国大陸の妊婦、香港で出産ブーム(06/06/23)