漢字の紐解きシリーズ

「龍」

2016/06/11 07:00

 東洋の龍は、西洋の、いわゆる「火を吹く空飛ぶドラゴン」とは異なることをご存知でしたか?東洋の龍は、うさぎの眼、鹿の角、牛の口、ラクダの頭、二枚貝の腹、虎の掌、鷲の爪、魚の鱗、蛇の体を持っています。

 古代の青銅器に刻まれた文字は、左の偏の部分だけでした。龍の角と胴体を表した象形文字です。 その後、右側につくりが加えられました。つくりの上部は龍の尖った爪、下部はヒレと尻尾を表しています。

 龍には善龍と悪龍があります。神韻公演の白龍王の娘に見られるように、良い龍は特殊な力を備え、親切で真心を持った人々を助けます。悪い龍は、『大海を騒がす哪吒』に登場した赤龍のように、力を濫用し、人々を恐怖に陥れるのです。

(神韻フェイスブックより)

 

関連記事
注目記事
^