【二十四孝】親孝行の漢文帝

2017年02月13日 07時00分

 中国前漢の時代、初代皇帝・劉邦(りゅうほう)の四男として生まれた劉恒(りゅう こう)は、親孝行で評判でした。彼は前漢の第3代皇帝(二人の漢少帝を除く)に擁立され、漢文帝として後世に知られています。

 文帝の親孝行にまつわる話があります。ある日、母親の薄太后(はく たいごう)が病気にかかりました。病気はなかなか治らず、彼女は3年間も患いました。

 文帝は皇帝の身でありながら、毎日時間さえあれば心を尽くして母親を看病しました。煎じた湯薬は熱すぎないか、苦すぎないかと必ず自ら確認してから、母親に飲ませることにしていました。文帝は母親のことを心配するあまり、きちんと睡眠も取らず、着替えることすら忘れるほどでした。

 文帝の親孝行はますます世に知られ、更に尊敬されるようになりました。

(翻訳編集・豊山)

 

^