独外相が訪中、人権問題、知的財産問題を指摘

2006/02/26 08:23
 【大紀元日本2月26日】2月22、23日両日に中国を訪問したドイツのシュタインマイヤー外相は、胡錦涛総書記、温家宝首相、李肇星外交部部長らとの会談で、中共政権に対して、知的財産権の保護と、国民の人権と自由の保障を取り上げたという。また、今年5月22日にドイツのメルケル首相が中国を訪問することを確認した。

 シュタインマイヤー外相は胡錦涛総書記との会談終了後の記者会見で、中国国民の人権と自由が保障されていないことに憂慮していることを中共指導者に伝え、特にインターネットの情報封鎖問題を取り上げ、中国人が自国で自由にインターネットを利用できるようにすべきだと述べた。また、リニア列車の開発(ドイツ企業は中国上海で世界初のリニア列車を開通させたばかり)に成功し、試走段階に入った中国の成都飛行機工業グループについて、知的財産保護に問題があると強く指摘した。

(記者・周仁)
関連記事
注目記事
^