苗(ミャオ)族の生活風景

2006年06月20日 20時51分
 【大紀元日本6月20日】少数民族が集中する従江県は、中国貴州省の東南部、貴州と桂林が接するところに位置する。県の総面積は3,244平方キロメートル、人口は28.5万人で、少数民族は全体の93パーセントを占める。この地域の98パーセントは山地や丘陵であり、中亜熱帯温暖湿潤気候、年間平均気温は18.4℃である。

 従江県加牙村には200余りの世帯に1000人以上の苗族の人々が暮らしている。村人の暮らしには、二千年前から受け継がれてきた素朴な民族文化と伝統生活が色濃く残されている。彼らは、外界と接することはほとんどなく、古くから伝わってきた農耕方式で荒山を棚田に開墾し、稲を植えて生計を立てている。この地域は山が高く、森が生い茂り、山道はでこぼこしている。見渡すかぎり帯状に続く棚田で、村人たちは自給自足の生活を送っている。

 苗族は中国西南部最大の少数民族の一つで、音楽、舞踊、民族文化、特殊技能を含む高度な多元的文化を有している。
弟をおんぶする苗族の少女


家で火を起こす苗族の女性


山道を歩く苗族の夫婦


畑仕事をする農民


棚田で作業する農民


屋内で焼肉をする男性


古くから伝わる小麦粉づくりの石臼


田んぼを耕す農民


古来の方法で布を織る女性


伝統的な手工刺繍


伝統的な脱殻機を使う女性


川で洗濯する女性


髪を整える苗族の女性


家で伝統的な刺繍をするおばあさん



関連キーワード
^