印刷版   

 6月21日、ブラジルのCVRDは鉄鉱石価格の19%値上げで中国鉄鋼各社と合意。写真はCVRDが所有する鉱山。提供写真(2006年 ロイター/CVRD)

ブラジルCVRD、鉄鉱石19%値上げで中国鉄鋼各社と合意

 ブラジルの鉱業大手バレ・ド・リオ・ドセ(CVRD)は21日、中国の主要鉄鋼メーカーと2006年度の鉄鉱石価格について19%の値上げで合意したと明らかにした。

 鉄鋼石ペレットの価格については、2005年の水準から3%の値下げとなる見通し。

 合意に達した19%の値上げは、CVRDが当初要求していた24.6%を下回ったが、中国側が提示していた12.5%は上回った。

 アナリストらは15―25%の値上げを予想していた。2005年度の価格交渉では71.5%の値上げが合意された。

 オーストラリアの鉱山会社リオ・ティントやBHPビリトンも先に、中国鉄鋼メーカーと同様の値上げで合意したと発表している。


[ロイター21日リオデジャネイロ]

 (06/06/22 13:22)  





■関連文章
  • サッカー=ジーコ監督、「ブラジルは怖くない」(06/06/21)
  • 北京:ガソリン値上げ、ガソリンスタンドで長蛇の列(06/05/26)
  • 中国も鉄鉱石価格引き上げを受け入れるべき=リオドセ(06/05/24)
  • ブッシュ米大統領、中米専制指導者にクギ(05/11/08)
  • ブラジル:対中国の貿易制裁を検討(05/10/12)
  • 中国、外資の鉄鋼業参入を制限へ(05/07/19)