印刷版   

欧米流の敵対的買収、日本ではなじまず=山口日商会頭

 日本商工会議所の山口信夫会頭は7日の定例記者会見で、企業のM&A(合併・買収)が活発化していることに関連して、欧米流の敵対的な買収は日本ではなじまない、との認識を示した。

 山口会頭は「株式市場の下では、法律に基づくM&Aは避けて通れない。ただし、日本では多少、欧米と相違があるのではないか。欧米流の敵対的な買収は日本ではなじまないのではないか」と語った。

 また、買収防衛策に関連し、山口会頭は、来年5月の「三角合併」の解禁を前に「日本企業は防衛策をある程度備え、経済産業省なども指導する必要があるのではないか」と語った。

[東京 7日 ロイター]

 (06/09/08 08:10)  





■関連文章
  • TBS立会外取引に楽天は関与否定、買取機構も可能性薄(06/08/30)
  • 王子紙が北越紙への敵対的TOBを決議、三菱商への増資撤回なくても実施(06/08/02)
  • NECと松下が携帯で合弁、コスト減と海外での反転攻勢へ(06/07/28)