ロシア女性、脳部被弾後に特殊技能が出現

2006/10/06 23:08
 【大紀元日本10月6日】3年前脳部に被弾したロシアのある女性に、特殊な技能が現れた。

 ロシアの新聞『ウネン』の報道によると、この女性は3年前、帰宅途中に銃で撃たれ病院に運ばれたが、銃弾は脳の深部に入っており、取り出すのが困難であったことから、そのまま放置された。幸い、銃弾による脳の損傷は軽く、彼女は元気に回復した。

 3年経った今、彼女は体に不調がなく、普通に暮らしているが、撃たれた後、自分の体の中に、二人の人が同時に存在しているように感じている。一人は自分自身であるが、もう一人は男の人である。しかも、この男の人はいろいろな能力を持った技術者であり、そのため、彼女は今までやったこともない自動車修理などのような特殊技能の仕事を簡単にこなすことができるようになった。

関連記事
注目記事
^