印刷版   

中国、証券違法行為取り締まりで対策委員会を設置

 中国は、証券市場での違法行為を取り締まるトップレベルの対策委員会を設置した。政府のウェブサイト(www.gov.cn)に掲載された報告で明らかになった。

 報告によると、同委員会は、中国証券監督管理委員会(CSRC)の副委員長、中国人民銀行(中央銀行)の副総裁、最高人民法院(最高裁に相当)の副院長などのメンバーで構成される。 

 同委員会は、証券業界の違法行為を取り締まるための規則を策定・解釈し、関連機関による摘発を支援する。

 中国では株式投資が過熱しているが、国務院(内閣に相当)は昨年12月、非上場企業による無許可の株式発行が増えていると指摘。国有メディアによると、そういった非上場企業は、いずれ国内または海外で上場するとして株式を発行しているという。

[北京 25日 ロイター]

 (07/02/26 08:48)  





■関連文章
  • 外国人の日本株買い継続、アジア経由の流入加速も(07/02/23)
  • 利上げ後も株高シナリオ不変、円高に振れず安心感広がる(07/02/22)
  • 緊急アンケート:市場が有望視する銘柄、今後は日本の代表企業(07/02/21)
  • マレーシア、未婚カップル取り締まりにスパイ一般公募(07/02/21)
  • 程暁農:中国株式市場の暴騰、金融危機の可能性(07/02/20)
  • 日経平均が終値で昨年来高値更新、6年9カ月ぶりの高水準(07/02/19)
  • 中国株式市場、上海総合指数が最高値(07/02/15)
  • 日経平均が終値で昨年来高値、通期見通しの上積みに期待感(07/02/14)
  • 中国株式市場はバブル─全人代副委員長=英紙(07/01/31)
  • なぜ中国株式市場が急騰したのか(07/01/18)
  • インド株、SENSEX指数が最高値更新(07/01/15)
  • 株式市場に波風を起こす30兆元のホットマネー(07/01/12)
  • 中国の宝鋼集団、中核鉄鋼資産のNY上場を準備=関係筋(07/01/11)
  • ソウル株式が9週間ぶりの安値、北朝鮮の核実験準備報道で(07/01/05)
  • 海外勢の日本株回帰、三角合併の課税で期待外れも(06/12/22)