印刷版   

拉致問題解決に向け粘り強く交渉する=日朝作業部会で安倍首相

 安倍晋三首相は、きょうからハノイで始まった日朝国交正常化作業部会で、北朝鮮側が何の説明もなく午後からの協議を行わないと通告したことに関連し「北朝鮮との交渉にはいろいろなことがある」とした。そのうえで「拉致問題を前進、解決する方針で粘り強く交渉していきたい」とし、さらに「北朝鮮が態度を変えないと(現在のように)孤立した状況を変えることはできない」と指摘した。

 7日夕、官邸内で記者団に語った。これに先立って行われた内閣記者会とのインタビューで、首相は拉致問題について「米国をはじめ、他の国々も日本の立場を十分理解している」と強調した。

[東京 7日 ロイター] 

 (07/03/08 09:12)  





■関連文章
  • 米朝作業部会は「良い議論」、初期段階の措置履行を楽観=ヒル次官補(07/03/07)
  • 米国と北朝鮮の関係正常化に向けた作業部会が始まる(07/03/06)
  • 米朝が3月5・6日に米国で作業部会開催=国務省報道官(07/03/01)
  • マカオの銀行の北朝鮮口座凍結問題、解決の用意ある=米財務次官補代理(07/02/27)
  • ウラン濃縮計画問題は作業部会で協議=塩崎官房長官(07/02/26)
  • IAEA事務局長、核問題協議で訪朝へ(07/02/24)
  • 北朝鮮、プルトニウム製造停止の用意=6カ国協議の韓国代表(07/02/24)
  • 中国の軍備増強を懸念、北朝鮮が合意守るかは不透明=米副大統領(07/02/24)
  • 北朝鮮難民救援基金「救援グループJYO」、咸鏡北道で支援活動(07/02/24)
  • 北朝鮮外務次官、核の見返り交渉で3月訪米へ(07/02/23)
  • 中国東北部の難題:脱北女性と中国人男性との間にできた子供はどうなるのか?(07/02/23)
  • 北朝鮮:旧暦新年期間、中国大使館職員を頻繁に招待(07/02/23)
  • 米政府、北朝鮮ウラン濃縮計画に関する情報不足を認める(07/02/23)
  • 北朝鮮のウラン濃縮疑惑問題、再検討必要=専門家(07/02/22)
  • 前駐韓国中国大使、国家機密漏洩容疑で逮捕(07/02/22)