印刷版   

中米間の経済面での緊張、対話での解消望む=中国外務省

 中国外務省のスポークスマンは15日、中米間の経済関係が急速に深まる中で摩擦が生じるのはやむを得ないが、中国政府としては対話を通じて緊張が解かれることを望んでいると表明した。両国は5月22日からワシントンで第2回米中戦略経済対話を開く。

 この対話では、投資政策や政策の透明性、バランスの取れた成長、エネルギー問題、環境問題などを検討材料としている。

 同スポークスマンは記者会見で、幾つかの問題が生じるのは必至だとした上で「われわれは、中米経済関係の本流は双方に利益のあるものだと考えている」と言明。「対等かつ適切な態度で率直な対話と相談に臨むことで、双方が関連した問題を効果的に解決できるよう望んでいる」とした。

 呉儀副首相が対話に出席する代表団を率いるという。

[北京 15日 ロイター]

 (07/05/16 17:21)  





■関連文章
  • 中国産有害原料問題、世界各地に波及(07/05/15)
  • 信教の自由の最大の侵犯者―中国=米諮問機関(07/05/08)
  • 中国産有毒飼料、米国で被害続出(07/05/07)
  • 米医学界:中国臓器狩りに議論活発化(07/05/06)
  • 米議会人権委:脱北者ら、公聴会で証言(07/05/01)
  • 米国人、3人に1人が自宅以外の場所でTVを見る=調査(07/04/06)
  • 解放軍を掌握できない北京政府=米国防情報紙(07/03/30)
  • 米国に亡命した中国下級官吏、中共脱党を宣言(07/03/25)
  • 「お寿司」ピーナツサンドが優秀レシピ賞(07/03/23)
  • 米財務省が米銀とBDAの取引を正式禁止、北朝鮮の凍結資産請求に道(07/03/15)
  • 中国人民銀行は米国債の購入を続ける=副総裁(07/03/12)
  • 米人権報告:中国のネット封鎖は世界一(07/03/09)
  • 米朝作業部会は「良い議論」、初期段階の措置履行を楽観=ヒル次官補(07/03/07)
  • 駐米・中国大使館、米国の対台湾武器売却に抗議(07/03/07)
  • 米国と北朝鮮の関係正常化に向けた作業部会が始まる(07/03/06)