印刷版   

 5月14日、マレーシアのマハティール前首相、呼吸不全を訴えて入院。2004年6月撮影。資料写真(2007年 ロイター/Yuriko Nakao)

マレーシアのマハティール前首相が再入院

 マレーシアのマハティール前首相(81)は14日、呼吸不全を訴えて入院した。同氏の側近が明らかにした。病院関係者とマハティール氏の息子は、前首相がリゾート地ランカウイ島で入院したことを認めたが、詳細は明らかにしなかった。

 マハティール氏は昨年11月にも軽い心筋梗塞(こうそく)で入院した。

 
[ランカウイ島(マレーシア) 14日 ロイター]

 (07/05/15 09:23)  





■関連文章
  • マレーシア医師会、ネクタイは健康上有害と主張(07/05/01)
  • 「フランスのスパイダーマン」、マレーシアでの挑戦途中に逮捕(07/03/22)
  • マレーシア、未婚カップル取り締まりにスパイ一般公募(07/02/21)
  • マレーシアの防犯対策、ひったくり逮捕の報酬はオートバイ(07/02/17)
  • 亡命中国高官・賈甲氏:胡錦濤主席に公開書簡、中共解体呼びかける(07/01/22)
  • ベトナム人女性、マレーシアで集団お見合いツアー(06/12/20)
  • マレーシア、現時点で政府関連企業株売却を計画せず(06/08/18)
  • マレーシア男性、父親と同じ場所で電車にひかれ死亡(06/07/10)
  • 天皇・皇后両陛下、シンガポールを御訪問(06/06/10)
  • アジア環太平洋地区、ハンスト・リレー相次ぐ(06/02/16)
  • 東南アジア各地で大洪水、死者10人(05/12/19)
  • 中国衛生部:女児死因で、鳥インフルエンザである可能性を排除せず(05/11/07)
  • インドネシア:ハエに鳥インフルエンザウイルスを発見(05/09/26)
  • 大紀元日本:「大紀元時報」押収で、 駐日マ大使館へ請願(05/09/03)
  • シドニー討論会:中共による海外独立メディア弾圧の実態を暴露(05/08/30)