印刷版   

急速に開発が進められている北京の中央ビジネス地区=2007年11月(FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images)

建築ラッシュで省エネ基準守られず=中国

 【大紀元日本1月14日】中国の土地開発業者はいまだに「エネルギーを大量消費する」ビルを建て続けている。官製メディアが14日明らかにしたところによると、設計段階で交わした持続可能な約束にもかかわらず、省エネ基準を守らずに急造しているという。ロイター通信が14日、伝えた。

 中国は、成長著しい経済を維持するためにエネルギーや資源を確保するという苦しい状況に直面しているが、2010年までに新たに建築するビルは50%以上ものエネルギー効率を上げる目標を立てた。

 しかし、新たに建築されたビルの53%しか国の省エネルギー基準を満たしていないと、チャイナ・デイリー紙は伝えた。同紙は、中国建設部の調査を引用したが、同調査は経費削減の開発業者の責任を上げている。

 同紙はまた、「調査結果は差し迫ったものになっている。国家目標を達成するためにより総合的な対策が必要である」として、中国不動産協会の宋春華会長の発言を引用した。

 宋会長によると、土地開発業者は省エネ基準を実施するにあたり「気が変わり」、「いまだにエネルギーを莫大に消費するビルを新たに建てているという。

 急速な工業化と自動車所有が急上昇したために、中国の大気汚染増が深刻化し、排ガスが増大している。しかし、世界がエネルギー備蓄に努めても、中国の建設業界の好景気がその消費に拍車をかけ、まるで排水管のようであると、アナリストはみている。

 また、アナリストの試算によると、工事と建築資材は、中国のエネルギー消費の16~18%を占め、毎年、世界の新築ビルの約半分が中国で増えていることになる。

 また、2020年までに農村部から都市に流入する人口は4億人にものぼるとされている。

 宋会長によると、中国は、古いビルの修復に1・5兆元(約22・5兆円)を支出しると公約しているが、その99%は現在の省エネ基準を満たしていないという。

 しかし、急速に拡大する中流階級がより大きな、エネルギーを大量消費する家屋をほしがっていることから、増大する豊かさがエネルギー効率目標にとって脅威になっている。

(翻訳編集・月川)

 (08/01/14 15:11)  





■関連文章
  • 離婚率増加も環境破壊の一因=米研究(08/01/03)
  • 中国5ヵ年環境保護計画、さらに厳しい局面に(07/12/11)
  • 仏:中国へ核技術提供、廃棄物の処理問題に懸念(07/11/30)
  • 中国各地炭鉱事故相次ぐ、死者7人、20数人(07/10/30)
  • ミャンマー情勢、鍵を握る中国(07/10/04)
  • 上海協力機構(SCO)首脳会議、中国側エネルギー確保重視(07/08/19)
  • ヒマラヤ山脈氷河融解が加速、20億人に影響(07/08/06)
  • スピルバーグ監督、北京五輪の芸術顧問辞退を示唆   (07/07/29)
  • 中国、下期にエネルギー集約型産業などの成長を抑制へ(07/07/25)
  • 世界初の商用太陽エネルギー発電所=スペインセビリア(07/07/22)
  • エネルギーと水、食物の安定供給が人類最大の挑戦=米シンクタンク(07/07/16)
  • 農産品価格、今後10年間に20―50%上昇する見込み=OECD(07/07/05)
  • 世界経済は予想以上のペースで拡大=IMF(07/06/27)
  • OPEC産原油の需要減退へ、バイオ燃料の使用拡大などで(07/06/27)
  • 中国貴州省で炭鉱ガス事故(07/06/18)