印刷版   

チベット僧侶、中国当局の圧力により自殺か

 【大紀元日本1月24日】チベット亡命政府(本部・インド)は1月18日、チベット僧侶2人が自殺したことを明らかにし、自殺の原因は中国当局による迫害だと説明している。2人はそれぞれ昨年9月と11月に、首吊り自殺した。

 米国VOAの報道によると、2人の僧侶は、ジェチンズェバ・ロサンさんと、ヤンバガチン・ロチイさん。チベット第2の都市シガツェにあるタシルンポ寺の僧侶。元政治犯が結成したチベット人人権団体によると、この2人の僧侶は数十年前の中国「文化大革命」の期間中に、投獄されて拷問などを受けたことがあり、それから、ずっと中国当局からの嫌がらせや、脅迫などに耐え続けてきた。チベット亡命政府の公表によれば、享年71歳のこの2人の僧侶は長期に渡り、寺院をコントロールする中国当局の関係者や、警察から迫害を受けていた。彼らは同寺での抗議活動に参加したことがある。

 タシルンポ寺は、パンチェン・ラマ(注)が住職を務める。歴代パンチェン・ラマの霊塔(れいとう)はここに配置されている。

 

 注:パンチェン・ラマ

  チベット仏教においてダライ・ラマに次ぐ高位の僧及びその称号である。

 
(翻訳・叶子)


 (08/01/24 15:17)  





■関連文章
  • 高騰し続ける物価、住民生活難で飛び降り自殺=中国広州市(08/01/24)
  • 中国当局、ダライ・ラマ帰還反対の署名チベット人に強要(08/01/07)
  • 神韻芸術・クリスマス公演開幕、内包豊かな舞踊芸術に感涙の声(07/12/22)
  • 武装警察部隊副司令官の死、自殺説の背景(07/12/09)
  • 青蔵鉄道、軍事輸送の主要な手段に(07/12/04)
  • ダライ・ラマ後継者問題、言動不一致の中国共産党(07/11/25)
  • 独メルケル首相、ダライラマとの会見を肯定=独メディア支持(07/11/24)
  • ダライ・ラマの公開支持者を国家政権転覆罪として拘束=中国四川省(07/11/15)
  • ダライ・ラマ:漢民族のチベット大量移入、「人口侵略」と非難(07/11/07)
  • ドキュメンタリー 「チベット難民世代を超えた闘い」 上映会 (07/11/05)
  • 亡命するチベット人、またしても中国軍が発砲(07/11/04)
  • 【文化論エッセイ】畢竟、道徳とは何なのか?(07/10/28)
  • ダライラマ、中国訪問発表(07/10/22)
  • チベット・ラサ:ダライラマ米国最高勲章受章祝う住民、公安当局に連行される(07/10/21)
  • ビルマ軍政武力弾圧、逮捕者3000人に(07/10/20)