印刷版   

OPEC、産油量の据え置きで合意

[ウィーン 1日 ロイター] 石油輸出国機構(OPEC)は1日、1バレル90ドル前後の原油相場が景気が減速する西側諸国の経済を圧迫しているにもかかわらず、原油生産量を据え置くことで合意した。代表筋が明らかにした。

 また、次回会合を予定どおり3月5日に開くことも決めた。3月の会合では、米経済がリセッション(景気後退)入りして原油需要が鈍化した場合、タカ派メンバーが価格防衛のため減産を求める可能性がある。

 アルハヤト紙によると、サウジアラビアのヌアイミ石油鉱物資源相は1日の総会で、世界の原油市場は需給バランスがとれているとして、産油量の据え置きを支持した。

 ベネズエラとイランなどタカ派メンバーは、3月の会合で減産を検討する必要があるとの考えを示しているが、代表筋によると、サウジは西側諸国のリセッションを避けるために原油価格の下落が好ましいと考えているという。

 この日の米原油先物は、49セント安の91.26ドルで推移している。

 (08/02/02 12:20)  





■関連文章
  • エネルギー生産国、ガス版OPEC設立を協議へ=カタール・エネルギー相(08/01/26)
  • 米景気後退の懸念高まり、原油需要見通しが不透明に=OPEC(08/01/23)
  • 原油価格、景気減速と政治的緊張の緩和で下落も=OPEC(07/12/15)
  • OPEC産原油の需要減退へ、バイオ燃料の使用拡大などで(07/06/27)
  • 北朝鮮、核兵器計画放棄に向けた合意尊重すべき=米大統領(07/06/07)
  • OPEC議長、14日の総会で追加減産を支持へ(06/12/09)
  • イラン、OPEC減産合意の履行を確認(06/11/01)
  • 金が7週間ぶり高値、原油は59ドル割れ=30日の米商品市況(06/10/31)
  • イランの原油輸出は日量17.6万バレル減少へ=石油相(06/10/28)
  • OPEC減産、需要低下につながる可能性ある=米大統領(06/10/24)
  • サウジアラビア、日本の製油会社に供給削減を通告=業界筋(06/10/23)
  • OPECの減産決定、時期的に非常に悪い=IEA事務局長(06/10/21)
  • 米原油先物が59ドル台に上昇、OPEC追加減産観測で=時間外取引(06/10/20)
  • OPEC、日量120万バレルの減産で合意=OPEC代表筋(06/10/20)
  • OPECが19日に会合、減産を協議へ(06/10/16)