印刷版   

中国:95%の火力発電所衰退に直面か

 【大紀元日本3月4日】今日北京で、中国電力投資集団公司社長・陸啓洲氏は、およそ95%の石炭を使用している火力発電所は衰退に直面していると伝えた。

 香港中通社によれば、陸氏は最近出された会社年報によりこの予測をしたとのこと。中国ではインフラが続いているが電力価格は石炭価格に伴う上昇や調整がなく、これにより火力発電所が圧力をうけているという。また陸氏は、火力発電所がまだ限界収益のため、衰弱状況は消化できるので今のところ過度の緊張はあり得ないだろうと話し、これと同時にこれらの状況は中国政府の調整策により緩和され、それほど長くは続かないとの予想も示した。

 
(翻訳・坂本)


 (08/03/04 14:21)  





■関連文章
  • 大雪で顕在化した中国の石炭依存(08/02/08)
  • 一部中国鉄鋼会社のコークス・石炭在庫、大雪で危機的水準に(08/01/30)
  • 中国、2─3月の石炭輸出禁止を指示(08/01/26)
  • 中国山西省:炭鉱で爆発事故、105人以上死亡(07/12/09)
  • 運動会で水素気球爆発、負傷者70人=中国甘粛省(07/09/20)
  • ヒマラヤ山脈氷河融解が加速、20億人に影響(07/08/06)
  • 中国都市部の飲用水、半数以上不合格=国連報告書(07/07/20)
  • 内モンゴル:火力発電所による環境汚染、住民らが抗議(07/06/30)
  • 中国CO2排出量、昨年トップ米国を追い越す=オランダ政府系研究機関(07/06/21)
  • 中国貴州省で炭鉱ガス事故(07/06/18)
  • 山西の炭鉱工場、誘拐された子供が奴隷に、父親らの救出劇(07/06/16)
  • スウェーデン首相、胡主席に中国人権問題の改善を促す(07/06/12)
  • 中国国家発展改革委、夏季の電力不足の可能性を指摘(07/06/02)
  • 米エネルギー報告:2030年まで、世界エネルギー総消費57%増(07/05/27)
  • 中国の環境対策、全世界に影響―BBC記者(07/05/11)