印刷版   

台北地方裁判所は12日に陳水扁・前台湾総統(左)を逮捕し、台北拘置所へ移送した(中央社)

陳水扁前台湾総統、機密費不正流用疑惑で逮捕

 【大紀元日本11月13日】総統を退任して半年足らず、陳水扁・前台湾総統は11月12日に7時間にわたる検察当局の事情聴取を経て、台北地方裁判所は同日午前7時に陳水扁氏を逮捕する決定を下した。裁判所は陳氏の体の不調および前国家元首であることを考慮し、手錠をかけずに特別勤務関係者を同行させ、台北拘置所へ移送した。

 陳氏の逮捕に対して、馬英九・台湾総統は司法を尊重することを強調したほか、中華民国前総統が逮捕されたことに鑑み、今後は用心して、すべてを油断しないように自らを戒めたいと示した。

 一方、陳氏は自分の逮捕は国民党の政治迫害によるものだと訴えた。陳氏は、海峡両岸関係協会の陳云林会長が台湾を訪問した時に、10万人の台湾民衆の抗議を受けて北京へ帰った陳氏や中南海上層部の怒りを収める為に自分が逮捕されたと指摘した。陳氏は11日に裁判所に到着したときに、手錠をかけられた両手を高くあげ、大声で「政治迫害」および「台湾加油(台湾頑張れ)」と叫びアピールした。

 *手錠掛けずに逮捕移送

 総統府機密費不正流用疑惑の特別調査チームは11日に、陳氏は汚職・機密費を横領、職権乱用による蓄財、収賄およびマネーロンダリング(資金洗浄)等罪を犯したとして、逮捕に踏み切った。今回の疑惑案件は劉煌基氏、葉力祺氏、劉秀君氏の3人の裁判官からなる連合審議法廷は11日に徹夜して事情聴取し、審議された。

 一方、11日に陳氏を拘束した警察らは民進党の抗議を受けた。民進党立法委員は検察側に対して、検察側は陳氏を起訴し、公に手錠をかけた動きとは民進党に対して辱めようとすることはまさに政治を操ったと指摘した。

 *陳水扁:中南海の怒りを収めるため

 支持する民衆から多くの励ましの言葉を受けた陳氏は、自分が国民党および共産党(以下、国共)にとってもっとも逮捕したい者だとし、国共両党が統一に向かう道を遮るもっとも大きいな石だと自ら示し、馬英九政府が自分を逮捕するとは、中南海上層部の怒りを収めさせるためだと指摘した。陳氏は裁判所での事情聴取で、総統機密費とは「特別の特別費」だとし、その全額は公的項目にのみ使用と強調した。

 一方、特別調査チームは陳氏が南港展覧館収賄疑惑および新竹科学園区龍潭基地開発案疑惑を訴えた。これに対して、陳氏は両疑惑について内情は分からず、自分と関係ないと否認した。のち、陳氏は、台湾セメント公司の辜成允・取締役会長が振り込んだ金額は選挙助成金であり、龍潭基地開発案とは無関係だと主張した。

 陳氏はフランス大革命のバスティーユ牢獄(※)を例に取って、自分が台湾のバスティーユ牢獄へ行くとし、22年前に一度過ごした場所だと自分の置かれた立場を説明した。陳氏は11月10日の記者会見で、11日に拘束されることを予告した上、海峡両岸協会会長の陳云林氏が帰ったから、次は陳水扁が拘束される時だと語った。

 *前中核幕僚、多数拘束された

 疑惑に掛けられた陳氏と関係する前総統府会計、前総統府弁公室主任、副秘書長、等中核幕僚らもすでに拘束され、その内、軍事情報上層部の前国家安全会秘書長および前調査局長も含まれている。

 これまでに、特別調査チーム検察官は、陳氏疑惑を究明できなければ職を離れると発言した。これに対して、陳氏は、今回は審議する前に先に判決を下したことだと質疑した。検察官らはそれを否定し、馬英九の命令を受けていないと示した。

 
頼清徳氏(左1)柯建銘氏(左2)等民進党立法委員たちは12日、陳水扁を乗せた車は台北地裁を出発するまで待ち続けた(中央社)

民進党台北市党部は11日に執行委員会会議を開き、司法は不公平で審議する前に先に判決を下したと非難し、市党部主任委員の黄慶林氏に全力を尽くして陳水扁を支持対処することを委ねた。民進党籍の立法委員・柯建銘氏、頼清徳氏、陳亭妃氏、高志鵬氏等は、陳氏が事情聴取を受ける最初から、陳氏が台北地裁から移送された最後まで、陳氏を付き添っていた。

 民進党はこれまでに一度陳水扁と一線を引く噂が流れていたが、11日に同党立法院全員が陳水扁を支援することで共同発表した。

 ※フランス革命以前、政治犯を収容していたと言われる牢獄。旧体制支配(アンシャン・レジーム)の象徴でもあった。ここを国事犯の収容所としたのはルイ13世の宰相リシュリューであり、これ以降バスティーユには国王が自由に発行できる「勅命逮捕状」によって捕らえられた者(主に謀反を起こそうとした高官たち)が収容されるようになった(ウィキペディア百科事典より抜粋)

 
(翻訳編集・余靜)


 (08/11/13 10:26)  





■関連文章
  • 台湾メディア:中国国務院、政府関係者の台湾訪問を禁止(08/11/13)
  • NZ総選挙:政治経歴わずか6年、キー新首相誕生(08/11/10)
  • 中国代表訪台:10万人抗議デモ隊、警察と衝突(08/11/07)
  • 中国の法輪功集団弾圧は、当然中止すべきだ=台湾民進党党首(08/11/07)
  • 北京市前副市長、巨額収賄罪で死刑判決(08/10/21)
  • 台湾で偽人民元札偽造グループ摘発、偽札発見器もすり抜け?(08/10/08)
  • 中国、対米軍事交流中止(08/10/08)
  • スカイプ中国合弁企業、チャット監視・記録(08/10/05)
  • メラミン検出基準問題で、台湾衛生署署長辞職(08/09/28)
  • 「全世界中国料理コンテスト」 東広島市の伊賀さんが予選通過=台湾(08/09/23)
  • 新華社の台湾人中国参政報道、台湾政界が否定(08/09/20)
  • 馬政権の国家安全諮問委員、東京で基調講演(08/09/15)
  • 四川大地震から100日、未だにテント生活続く被災者(08/09/06)
  • 不良物件競売疑惑、高等裁判所局長ら逮捕=中国広東省(08/09/01)
  • 【台湾通信】伝統的な台湾飲料「トウガン茶」(08/08/27)