THE EPOCH TIMES

華人心理学者「神と一緒に帰れる」

2009年01月27日 11時08分
 【大紀元日本1月27日】1月18日、米シアトル・パラマン劇場で神韻芸術団公演を鑑賞した心理学者の楊奉軍教授は、「本当に感動した。舞台に繰り広げられる情景はまるで現実のようであり、本当に神が来たと感じた」と語った。

 楊さんは、「自分は心理学者で芸術は分からないが、今日は芸術に対して少しは分かった気がする」と語り、「この舞台の中身は中国大陸の舞台とはまったく異なっている。多くのダンサーが踊っているのに、まるで1人で踊っているように感じる。そして、全員の表情がとても純真で善良で美しくて、特に感動した」と称賛した。

 楊さんは神韻の公演を観て平和と穏やかさを感じるとし、「幸せは即ち平和だということを心から感じる。決して、お互いに足を引っ張り合ったりするものではない。中国人は本来善良な人たちだが、共産党に腐食させられ翻弄されたからだ」と語った。

 そして、「神韻公演を鑑賞するのは今日で3回目だが、法輪功が人々に真・善・忍を教える演目は本当に純真、純善、純美を感じた。素晴らしかった」と称えた。

 楊さんはまた、中国大陸で非常に良くないことをしている人も神韻公演を観れば、必ず感動するはずだとした上で、心理学者の立場から、「人々の心の奥底には、数十代も数千年も積み重なってきた善の心があるから、少しでもそれに触れられると感動し共鳴するものだ」と語った。

 楊さんは幼小の頃から神を信じていたが、のちに、共産党に神への信仰を強制的に止めさせられたという。しかし、公演を観て、自分は神の道へ導かれたと感じ、本当に感動したと興奮気味だった。

 楊さんは、「今まで、神韻の意味は分からなかったが、今は少し理解できた。すなわち、神韻は真・善・忍であり、神韻を観て感じた人は神と一緒に帰れる」と語った。

(記者・呂海、翻訳編集・余靜)

関連キーワード

関連特集

^