印刷版   

原因不明の病気で10人発病、1人死亡=雲南省

 【大紀元日本3月4日】中国雲南省蘭坪白族普米族自治県で原因不明の疾病が発生し、2月27日までに発病者が10人、うち1人はすでに死亡したと伝えられている。

 雲南日報3月1日の報道によると、2月18日、同県中排郷碧玉河村のある現場で集団性の原因不明の疾病が発生し発病者の数が9人であることが伝えられた。

 2月26日午前10時半ごろ、最初に発病した蔡さんという患者が治療の甲斐なく死亡した。

 2月27日に雲南省疾病予防センター流行病学専門家グループが碧玉河村に入り、発病した労働者と最近接触のあった人々および生活状況の調査を行ったところ、新たに発病者を1人発見したという。

 専門家グループの調査によると、発病者全員が発熱、腹痛、嘔吐、下痢、四肢の筋肉の痛み、下肢の浮腫などが共通した症状として見られ、ある患者はさらに関節の動きが不自由となり、筋肉の麻痺、蟻が這うような感覚があるという。

 この病気は「集団性発病」であるが、はっきりと外部に伝える段階ではないという。初期診断の結果、伝染病と判断するには証拠が不足しているらしい。

 現在、グループはまだ発病していない人々の追跡調査を行っており、発病者に対する治療を行うため、発病原因の調査結果を待っている状態だという。

 
(翻訳・坂本)


 (09/03/04 04:53)  





■関連文章
  • チベットなど7省地区で大雪、四川・チベットで雪崩発生(09/02/28)
  • ハルビンで57人が食中毒=黒竜江省(09/02/26)
  • 口蹄疫流行か、乳牛41頭が集団発症=上海(09/02/14)
  • 中国雲南省:補助金未払い、退職者4千人抗議(09/01/24)
  • 外資撤退激化、中国経済に大打撃(09/01/13)
  • 2009年は集団事件が頻発する年=新華社(09/01/12)
  • 北京:鳥インフル感染で女性死亡(09/01/09)
  • 中国深圳:新年を祝う集会禁止(09/01/02)
  • 雲南省で地震、3万人が緊急避難(08/12/28)
  • 駐日ウクライナ大使、日本との農業提携に希望(08/12/18)
  • 立体交差橋倒壊で2人死亡4人負傷=雲南省(08/12/11)
  • 何清漣氏:中国の誤った経済政策、「富国強兵」(08/12/10)
  • 北京市政府前、再び千人が集団抗議(08/12/05)
  • 頻発する集団抗議事件:中国当局、速報で世論制御ねらう(08/11/25)
  • 中国有毒乳製品の製造メーカー、社名変更して生産再開(08/11/03)