印刷版   


米ベビー用品100万個リコール、被害報告347件

 【大紀元日本7月11日】米国消費者製品安全委員会(CPSC)は7月8日に、ベビー用品のプレー・ヤードを100万個の緊急回収を発表した。回収した理由として、プレー・ヤードの側面を支える柱が弱いため、折れた場合に子どもが転倒する恐れがあり、すでに子どもが転倒し脳震とうを起こした報告が出ている。

今回の回収品にかかわるベビー用品を扱う企業は、コールクラフト、カーターズ、セサミ・ストリート、ジープ、コンツアーズ、ケア・ベア以及エリック・カールの各社である。今回の製品製造国は中国、スペイン、イタリアになっており、コールクラフト・エンタープライズ社が輸入し、2000年1月から2009年1月までにベビーズ・R・US、ウォールマート、Kマート、シアーズ、ターゲットなどの大手スーパーマーケットチェーンおよびネットで同時に販売されていた。

コールクラフト社はすでに347件のクレーム報告を受けており、その内、脳震とう、転倒した際に強く打ってこぶが出来た、擦り傷および打撲を含む報告が21件であった。なお、これらの問題製品の製造期間は2000年12月から2008年7月までである。販売価格は約4900円~1万6千円の間である。

輸入元のコールクラフト社によれば、問題になった製品を購入した顧客が、自社ホームページ又は設けられたお客様相談窓口に問合わせをすれば、改善措置を入手することができるそうである。

(記者・楊天儀、翻訳編集・余靜)

 (09/07/11 23:49)  





■関連文章
  • 米大手玩具メーカー:鉛含有玩具の輸入で、2億円以上の罰金で和解(09/06/07)
  • EU:有害商品の回収、6割近くが中国製(09/05/09)
  • 韓国:中国産濃縮スープから喘息治療剤検出、回収困難(09/04/20)
  • あなたも美しくなれる、お金をかけない美容方法(09/04/03)
  • 中国=11月輸出高、7年ぶり減少(08/12/21)
  • 中国メラミン事件再発:EU、乳製品輸入・全面禁止(08/12/10)
  • 乳製品大手企業従業員千人、給与未払いで抗議デモ=湖南省(08/12/06)
  • 中国紡績業、厳冬状況(08/11/22)
  • 食品安全問題:米国政府、保険関係部門長官二人を中国に派遣(08/11/16)
  • メラミン汚染、中国の食品に広範囲に深く浸透=香港専門家(08/11/01)
  • 有毒粉ミルク事件の公表拒否したのは、中共幹部=フォンテラ社会長(08/10/24)
  • 有毒粉ミルク被害者の賠償請求、弁護士10人が提訴依頼を代理=北京(08/10/17)
  • 成人向け粉ミルクもメラミン検出、乳幼児向け含有量の2倍=中国(08/10/06)
  • リプトン紅茶もメラミン検出、自主回収へ(08/10/01)
  • メラミン検出基準問題で、台湾衛生署署長辞職(08/09/28)