THE EPOCH TIMES

高智晟著『神とともに戦う』(6)

2009年10月05日 05時00分

 【大紀元日本10月5日】弁護士試験は、極めて苦しいものだった。中国には、「大禹は治水という大事業を成し遂げるまで、決して家に帰らなかった」という言い伝えがある。私は試験前の3ヶ月間、新疆で、ほかの受験生4人と、一泊2元の部屋を共同で借りた。毎日明け方5時まで勉強し、冷水で顔を洗ってから出勤した。あの当時、気持ちが極めて高揚していて、「今年の合格者が1人だけだったら、それは自分だ。自分こそ将来の弁護士だからだ」と思っていた。あの高揚した気持ちが支えとなって、私はその年に合格することができたのである。

 今思うと、随分とドラマチックなことがあった。毎年弁護士試験の前には、弁護士学会の招きでベテラン弁護士が受験生へ講義を行う。94年の補習授業には、500名余りが受講した。若者はライバル心が強いから、私のような低学歴の受験生は、多くの者に見下された。あの日の休み時間、遊んでいる彼らに私は言った。「ある数字を知ったら、そんなに浮かれてはいられない。もし、新疆の受験生が全国レベルと同じだったら、今年この500人の中で合格者はわずかに5人だ」


 その時、ある偉ぶった20才位の大尉クラスの軍官が、私に向かって「高智晟。100人受かったとしても、お前は無理だ」と言い放った。

 当時の私は自尊心が大変もろく、他人の評価を非常に気にしていた。私は相手に向かって行って、服をつかみ「名前は」と尋ねた。

 「方暁波(仮名)だ。何だ。けんかでもする気か」

 私は激しい捨て台詞を吐いた。「方暁波、来年君はここで、僕の授業を受けることになるぞ」。その言葉に、方暁波は呆気(あっけ)に取られていた。そして、私は続けた。「高智晟、この名を覚えておけ。一生忘れられない名前になるはずだ」

 相手も黙ってはいない。「よし。みんなが証人だ。来年、講師といわず、試験に受かりさえすれば、俺はやつを一生先生と呼ぶぜ」

 翌年、私は言葉通り、弁護士試験の受験生へ講義するため教壇に立った。約500~600名の受講生の中に、やはり方暁波の姿もあった。

 私は教壇に上がる時、「方暁波」と叫んだ。

 軍人らしく、「はいっ」と彼は直立した。

 私は「座って下さい。去年我々は、この教室で一緒に勉強しようと約束しましたが、この約束は果たされたようです。ただ今年、我々は向かい合っていますが」と言った。

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^