印刷版   

7月5日のウイグル人大規模抗議事件後、ウルムチ市内に進駐する武装警察の装甲車(2009.7.8、AFP)

新疆7・5抗議事件 関与者9人に死刑執行

 【大紀元日本11月12日】今年7月に新疆ウイグル自治区ウルムチで発生した大規模抗議事件に関与したとされる男性9人の死刑が執行された。今回の死刑執行は、中国当局による鎮圧と見せしめの第一波と見られている。

 中国国営ニュースサイト「中国新聞」は9日、死刑執行のニュースを伝えた。報道によると、逮捕者20人が殺人、傷害、放火、爆破、強盗などの罪名で起訴され、そのうち9人が一審判決で死刑を言い渡された。同地区の高級人民法院がこの判決を再審査した後、死刑が確定した、と国営通信「新華社」が先月30日に伝えている。死刑執行の日付や場所などの詳しい情報は発表されていない。

 抗議事件の発端は、今年6月、広東省の玩具工場で起きた漢民族とウイグル族の乱闘事件。2人のウイグル人が死亡したとされる乱闘について、ウイグル人らは主犯格の調査や、事件で逮捕されたウイグル人の釈放を当局に求め、大規模な抗議事件に発展した。

 一方、官製メディアの新華社は、大規模抗議事件について、国外のウイグル人団体「世界ウイグル会議」が仕組んだものとし、計画的かつ組織的な暴力犯罪であると報じている。

 それに対して、「世界ウイグル会議」スポークスマンのディリシャティ氏は関与を否定した。ウイグルの抗議事件については、中国共産党当局が厳しく情報封鎖を行っていることから、同事件を誘発したのは中国当局であると主張している。

 米ニューヨークに本部を置く「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」の報告によると、抗議事件が鎮圧された後、多数のウイグル人男性が武装警察によって連行され、連絡が取れなくなっているという。

(翻訳編集・楊J)

 (09/11/12 05:00)  





■関連文章
  • 元ソ連人、新疆で18年間禁固 中国当局、「記録なし」 (09/10/25)
  • ラサ弾圧事件で、4人に銃殺刑執行(09/10/24)
  • <新疆7・5事件>ウイグル人男性、大量逮捕・行方不明=人権団体(09/10/23)
  • ラビア氏再び訪日 中国当局、「強烈な不満」(09/10/22)
  • ウイグル人学生に、政治的な態度表明を強要=新疆(09/10/17)
  • 新疆「7・5事件」から100日 漢族がキャンドル追悼活動(09/10/15)
  • 新疆「7・5」抗議事件、参加者6人に死刑判決(09/10/13)
  • 中国当局、チベット人に暴動の自作自演を強要か(09/10/10)
  • 就職に無犯罪歴証明書が条件 出稼ぎ労働者、テロ警戒の対象に=新疆(09/10/09)
  • 新疆針刺し事件、他の地域へ拡大 当局は情報封鎖へ(09/10/05)
  • 米国下院と欧州議会で、中国の民主・人権問題を問う(09/10/03)
  • 漢・ウイグル・チベット人、ロンドン中国大使館前で、民主を求め抗議(09/10/03)
  • 中国、民族白書を発表(09/10/01)
  • 新疆取材の記者殴打事件に抗議=香港記者協会(09/10/01)
  • ウイグル料理店爆発事故は人為的 匿名政府職員が告発=北京(09/09/30)