印刷版   

元上海市普陀区長・蔡志強氏(ネット写真)

元上海市普陀区長、「双規」処分か

 【大紀元日本12月14日】上海市人大常任委員会は10日、元上海市普陀(プトォ)区区長・蔡志強(ツャイ・チチャン)氏(45)が提出した上海市第13回人民代表大会代表の辞表を受理したと公告した。同氏は法規に違法し職務上罪を犯したために、すでに「双規」(※)に処され、近日中に司法機関へ移送されるなどの情報も相次いた。

 蔡氏は2001年に上海市人事局人材開発処処長に就任し、2003年に同市人事局副局長に抜擢され、2005年より普陀区委常任委員、副区長になった。2006年に普陀区委副書記に昇進し、2008年ころには、普陀区委副書記および区長に就任した。

 蔡氏をよく知る者によると、蔡氏は同区副区長就任後、「陽光」「元気」「弁が立つ」との印象を人々に与えていたという。

 蔡氏はこれまでに不動産販売にかかわる収賄、賭博などの違法行為を犯していることから、職務犯罪および経済犯罪の可能性が高いという。蔡氏が公の場に出たのは今年の2月3日が最後で、その後ある委弁局へ左遷され、実質上、調査を受けるために双規されたという。

(※)双規:決められた時間と場所で、自分の犯した問題と罪に対する反省を行うこと。

(翻訳編集・余靜)


 (09/12/14 08:22)  





■関連文章
  • 上海市:バス会社職員ストライキ、勤務条件悪化に抗議(09/11/30)
  • 強制立退き抗議で警察に連行 孤立無援の女性にネットユーザーが応援=上海(09/10/25)
  • 上海倒壊マンション:所有者ら市政府前で不満を訴える(09/07/08)
  • 収賄疑惑で拘束中の深セン市長、自殺未遂(09/06/12)
  • 平均寿命81・28歳、老齢化進む上海(09/04/26)
  • 上海市洋山深水港で爆発事故発生(09/02/09)
  • 中国最高法院元院長、身柄拘束へ(08/11/13)
  • バブル崩壊の前兆か=モルガン・スタンレー社、上海高級マンション売却           (08/09/19)
  • 中国全国政協大会開幕式、江沢民・李鵬欠席、危篤説浮上(08/03/05)
  • 全人代常務委2012年の香港普選否決、民主派怒りの反発(08/01/05)
  • 武装警察部隊副司令官の死、自殺説の背景(07/12/09)
  • 次期北京・上海市長、胡錦涛の腹心が就任か(07/11/09)
  • 新華社元高官夫婦、スパイ容疑で審査受ける(07/11/06)
  • 上海市、タクシー運転手に乗務中の「あくび」禁止(07/08/26)
  • 上海人大会議期間、直訴者千人強制連行(07/08/18)